広報課

2020年度 二松学舎大学九段キャンパス公開講座特設ページ

今年度の公開講座は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため動画配信となりました。テーマは、<近代日本経済の父>と称され本学の第三代舎長も務めた「渋沢栄一」です。

今年の大河ドラマの主人公で2024年発行予定の新紙幣の一万円札に描かれることも決まっている渋沢栄一を、本学の教員が様々な視点から捉え講義します。お申込みは不要です。
多くの方々のご視聴を心よりお待ちしております。

渋沢栄一

入門動画(体験ツアー動画)

①渋沢栄一翁PR動画
提供:埼玉県観光課

②渋沢栄一の原点 ~幕末・パリ・血洗島~
掲載協力:埼玉県、デジタルSKIPステーション

講義動画

講座①

  • テーマ昌平坂学問所と論語と渋沢栄一
  • 講 師文学部 中国文学科 教授 市來 津由彦
  • 概 要渋沢栄一(1840-1932)は『論語と算盤』(1927)において、実業における利益追求と道義との両立という理念を語った。『論語』に拠りつつ語ることが有効という前提がそこにはある。素朴な問いなのだが、では彼が生きた幕末から大正という時代に『論語』に拠ることは、なぜ、どのように有効だったのか。その漢学教養を彼はどう身につけたのか。本講座では、明治期、及び渋沢の幼少年期の漢学・儒学教養修得の環境について概観したい。

講義資料はこちらからダウンロードして下さい。

講義②

  • テーマ本学所蔵・渋沢栄一晩年の書と向き合いながら
  • 講 師副学長/文学部 中国文学科 教授 福島 一浩
  • 概 要手書きと肉筆保存の大切さを日本書道史の歩みと共に考え、渋沢栄一の用意周到な書作品と卒意の魅力を持つ書状を解析します。
    手書き文字に宿る感情の機微と過ぎゆく時間の蓄積、心の写真。書状には相手方に届き、書作品は多くの方々に鑑賞されることにより、書の営みは完成します。

講義③

  • テーマ「日銀がデジタル通貨を発行する日」渋沢栄一は最後の一万円札の肖像となるのか ー通貨の過去・現在・未来ー
  • 講 師学校法人二松学舎常任理事 西畑 一哉
  • 概 要2024年に発行される新1万円札の肖像に渋沢栄一が採用されることになりました。今後日銀がデジタル通貨を発行するようになれば、場合によっては紙の紙幣の肖像として、渋沢栄一が最後になるかもしれません。
    講師は元日銀マンですが、デジタル通貨の特許申請に関わったことがあります。この講座では、通貨の歴史を辿るとともに、現代の紙幣が何故信用され流通するのか、そして、日銀がデジタル通貨を発行する可能性について、共に考えていきたいと思います。

問い合わせ先

二松学舎大学 広報課
〒102-8336 東京都千代田区三番町6-16
TEL: 03-3261-1292(直通)
E-mail: k-koho@nishogakusha-u.ac.jp
このページのTOPへ