大学紹介

学長室から

学長メッセージ

二松学舎大学 学長 江藤 茂博

新学期を迎えて

 二松学舎大学では、学生と教職員そして御父母並びに卒業生の皆様の協力体制のなか、新型コロナウイルス感染拡大の回避への社会協力と共に、本学の教育研究活動もまた着実に続けていくことができております。漢学塾創設以来、この坂の上の地で、すでに本学は幾度もの危機に耐えてきました。この度の社会的危機においても、関係者が一体となって教場を守るという、本学の学問所としての伝統が発揮された次第です。繰り返し、関係の皆様方には厚い感謝を申し上げたいと思います。
 桜の開花が卒業生を静かに見送り、次に新しい入学生を受け入れる季節となりました。私たち二松学舎大学は、入学してくる若い学問の同志と共に、この坂の上の学舎を守り、漢学塾由来の教育文化と、それを基盤とした現代の学問とを、この社会的危機からの知見も含めて次の世代に伝えなければなりません。学生の皆さんは、十分に集うことが困難だったこの一年間の知見もまた、これからぜひさまざまに生かしてほしいと思います。特に、感染拡大の混乱のなかで、私たちは共に支え合うべきことを学びました。何よりもこのことを私たちは忘れてはならないと思います。

 新型コロナウイルスの感染状況によっては、本年度も引き続き、すべての授業を対面にすることはできないかもしれません。まず講義等を履修登録する学生数を把握した後に、感染防止の観点から、対面、あるいは対面とオンラインの併用、交代制対面等の具体的な対応を取りたいと考えています。対面授業が原則ですが、学生の皆さんが安全に大学で過ごせるようにさまざまな工夫をしていく予定です。ご協力よろしくお願いいたします。

二松学舎大学学長 江藤 茂博