大学紹介

データサイエンス・AI入門プログラム(2022年度以降入学者対象)

本学データサイエンス・AI入門プログラムは、全学部共通の必修科目「データサイエンス入門」で構成されるプログラムです。デジタル時代の「読み・書き・そろばん」と言われ、今後の社会において必須の知識とされるデータサイエンスやAIの基礎的知識を学ぶことができます。

【プログラム構成科目】

データサイエンス入門(全学部2年次必修科目) 2単位

おもな内容

  1. ・ 社会で起きている変化
  2. ・ 社会で活用されているデータ
  3. ・ データ・AIの活動領域
  4. ・ データ・AI利活用のための技術
  5. ・ データ活用とは
  6. ・ データ利活用の現場と最新動向
  7. ・ データを読む・説明する・扱う
  8. ・ データ・AIを扱う上での注意事項-情報倫理・バイアス-
  • ※「データサイエンス入門」の授業内容は、数理データサイエンス教育強化拠点コンソーシアム「数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)モデルカリキュラムを参考にしています。

【プログラムの履修方法】

全学部必修の2年次科目のため、2年次進級時の履修登録期間において「データサイエンス入門」が自動的に履修登録されます。履修を始めるにあたって特別な手続きは必要ありません。

同科目は半期15回のオンデマンド科目です。自分の都合の良い時・場所で、計画的に授業動画を視聴して学修を進めてください。

【プログラムの履修によって身につく能力】

  1. ①社会におけるデータやAIの活用方法を理解し、その知識やスキルを日常生活や将来の社会生活で活用できる。
  2. ②データの利活用方法や注意点に関する知識

【プログラムの自己点検】

このプログラムは、本学全学教務委員会により毎年の科目の状況等を自己点検し、改善を図っていきます。