アクションプラン

アクションプラン

2018年度

創立140周年記念式典で公表した新たな長期ビジョン「N’2030 Plan」を実現するための5カ年行動計画「アクションプラン」について、課題進捗状況、策定後の社会情勢の変化、学内組織体制等を考慮した内容の見直しを行い、2018度版「全学アクションプラン」が策定されました。

詳細は、下記のリンクをクリックしてPDFファイルをご確認ください。
「全学アクションプラン」(2018年度版)の詳細はこちら

2018年度概要

  1. (1)次世代型新カリキュラムの編成(現行カリキュラムの課題抽出、新カリキュラムの方向性検討)
  2. (2)FD活動の見直しと体系化
  3. (3)地域社会との連携強化(産学連携室の設置、千代田区内近隣高等教育強化コンソーシアムへの参加・参加大学との連携)
  4. (4)長期ビジョンの推進(KPIダッシュボードシステムの導入、ベンチマーク校との各種指標の比較実施)

2017年度

2013年度に策定された「N’ 2020 Plan」(長期ビジョン)を実現するための5カ年行動計画「アクションプラン」について、課題進捗状況、策定後の社会情勢の変化、学内組織体制の変更等を考慮した内容の見直しを行い、2017年度版「全学アクションプラン」が策定されました。

詳細は、下記のリンクをクリックしてPDFファイルをご確認ください。
「全学アクションプラン」(2017度版)の詳細はこちら

2017年度概要

  1. (1)創立140周年記念事業関係
  2. (2)中高大の連携強化・高大接続の実質化
  3. (3)文学部の改革(定員増、英語の能力別クラス制導入)
  4. (4)国際政治経済学部の改革(新学科の開設準備、定員増、体制整備)
  5. (5)国際交流の推進(語学センターの設置検討、短期海外語学研修の実施地域拡充)
  6. (6)研究活動の推進(私立大学戦略的基盤形成支援事業、「漱石アンドロイド」プロジェクト)
  7. (7)学生満足度調査結果を受けた課題の改善

2017年度の年次報告書公表について

本学の長期ビジョン「N’2020 Plan」の実現に向けた5カ年計画である「アクションプラン」について、2017年度の進捗状況、課題達成状況、2018年度以降に向けた継続課題等を取りまとめた「年次報告書」を発行いたしました。詳細は、下記のリンクをクリックしてPDFファイルをご確認ください。

「アクションプラン」年次報告書(2017年度版)の詳細はこちら

2016年度

2013年度に策定された、「N’ 2020 Plan」(長期ビジョン)を実現するための5カ年行動計画「アクションプラン」について、課題進捗状況、策定後の社会情勢の変化、学内組織体制の変更等を考慮した内容の見直しを行い、2016年度版「全学アクションプラン」が策定されました。

詳細は、下記のリンクをクリックしてPDFファイルをご確認ください。
「全学アクションプラン」(2016年度版)の詳細はこちら

2016年度概要

  1. (1)創立140周年記念事業関係
  2. (2)高大接続の実質化
  3. (3)文学部の改革(新学科の開設準備、国文学科の見直し)
  4. (4)国際政治経済学部の改組検討
  5. (5)授業アンケート等を活用した組織的なFDの実施
  6. (6)学生満足度調査の実施
  7. (7)国際交流の活性化
  8. (8)地域・他大学等との連携強化
  9. (9)研究活動の推進(戦略的研究基盤形成支援事業、秋葉原での研究拠点構築)

2016年度の年次報告書公表について

本学の長期ビジョン「N’ 2020 Plan」の実現に向けた5カ年計画である「アクションプラン」について、2016年度の進捗状況、課題達成状況、2017年度以降に向けた継続課題等を取りまとめた「年次報告書」を発行いたしました。詳細は、下記のリンクをクリックしてPDFファイルをご確認ください。

「アクションプラン」年次報告書(2016年度版)の詳細はこちら

2015年度

2013年度に策定された、「N’ 2020 Plan」(長期ビジョン)を実現するための5カ年行動計画「アクションプラン」について、課題進捗状況、策定後の社会情勢の変化、学内組織体制の変更等を考慮した内容の見直しを行い、2015年度版「全学アクションプラン」が策定されました。詳細は、下記のリンクをクリックしてPDFファイルをご確認ください。

「全学アクションプラン」(2015年度版)の詳細はこちら

2015年度概要

(1)アクションプランの継続
① 計画・実行方法の改善による目標の達成
② 「N’2020 Plan」の理念の浸透と改革の風土化
(2)事務職員力の強化
企画立案・提案能力、課題解決力を強化し、諸課題の改善を促進
(3)情報の共有と連携の強化
「部門横断型」課題の進捗スピードアップ
(4)既存業務の効率化
スクラップ・ビルドによる既存業務効率化とアクションプラン推進体制の構築

2015年度の年次報告公表について

本学の長期ビジョン「N’ 2020 Plan」の実現に向けた5カ年行動計画である「アクションプラン」について、2015年度の進捗状況、課題達成状況、2016年度以降に向けた継続課題等を取りまとめた「年次報告書」を発行いたしました。詳細は、下記のリンクをクリックしてPDFファイルをご確認ください。

「アクションプラン」年次報告書(2015年度版)の詳細はこちら

2014年度

2013年度に策定された、「N’ 2020 Plan」(長期ビジョン)を実現するための5カ年行動計画、「アクションプラン」について、課題進捗状況、策定後の社会情勢の変化、学内組織体制の変更等を考慮した内容の見直しを行い、新たな5カ年行動計画、2014年度版「全学アクションプラン」が策定されました。詳細は、下記のリンクをクリックしてPDFファイルをご確認ください。

「全学アクションプラン」(2014年度版)の詳細はこちら

2013年度-2014年度の年次報告書公表について

本学の長期ビジョン「N’ 2020 Plan」の実現に向けた5カ年行動計画である「アクションプラン」について、2013年度から2014年度の進捗状況、課題達成状況、2015年度に向けた継続課題等を取り纏めた「年次報告書」を発行いたしました。詳細は、下記のリンクをクリックしてPDFファイルをご確認ください。

「アクションプラン」年次報告書(2013年度-2014年度)の詳細はこちら

2013年度

創立135周年で公表した「N’ 2020 Plan」(長期ビジョン)に掲げられた、大学・両附属高校・中学校の将来像を実現するための5カ年行動計画、「アクションプラン」が策定されました。
「アクションプラン」は、学校法人全体の目標を定めた「全学アクションプラン」と各事務部署の業務目標を取り纏めた「課別アクションプラン」の二つで構成され、PDCA体制の確立と責任体制の明確化により、確実な目標達成を目指しています。
「全学アクションプラン」には、「6つの柱、70の課題、180のアクション」が織り込まれ、担当理事・関係会議・推進部署が連携して課題達成に向けたアクションを実行して行きます。詳細は、下記のリンクをクリックしてPDFファイルをご確認ください。

[アクションプラン6つの柱とその主要課題]

  1. Ⅰ.建学の精神と二松學舍憲章 ⇒ 本学の社会的プレゼンスの一層の向上
  2. Ⅱ.大学・高校・中学の教育改革 ⇒ 各設置学校間の連携強化
  3. Ⅲ.大学・大学院の教育改革 ⇒ 時代の要請に応える人材の養成
  4. Ⅳ.附属高校の教育改革 ⇒ 難関大学進学者、優秀な内部進学者の養成
  5. Ⅴ.附属柏中学・高校の教育改革 ⇒ 中高一貫教育の推進
  6. Ⅵ.財務、人材育成、評価、組織、広報等 ⇒ 各学校の改革を支える基盤整備
「全学アクションプラン」(2013年度版)の詳細はこちら