図書館・資料室

 二松學舍は、明治の漢学者、法律家、大正天皇の東宮時代の侍講であった三島中洲先生が、明治10年10月、この大学九段1号館の建つ地に漢学塾二松學舍を創立したのが始まりです。創立当時は、明治新政府が、殖産興業などの施策を展開、教育面では、仏・英など先進国の文化、学術などいわゆる西洋学が華やかなりし時代でした。こうした中、中洲先生は、西洋文明の進んだ部分を自分たちのものにするには、まず東洋の文化を学び、日本人の真の姿を知ることこそが大切であると主張し、漢学を若者たちに教授することで、「道徳心を身に付け、倫理観を醸成することが、一世に有用なる人材を養成するための基本である」と説きました。この考え方を「東洋の精神による人格の陶冶」と呼び、これが二松學舍の建学の精神となっております。
 創立以来、中等学校国語・漢文科教員養成を目的とする専門学校の設立を経て、昭和23年に二松學舍高等学校、同24年に二松學舍大学、同44年に附属沼南[現柏]高等学校、平成23年には、附属柏中学校を設立して参りました。また、夏目漱石、犬養毅、嘉納治五郎、平塚雷鳥など多くの有為な人材を輩出し、舎長には渋沢栄一、吉田茂など政界、実業界の重鎮が就任してきました。さらに戦後は、旧制二松學舍専門学校以来の伝統を堅持し、中学校・高等学校教員の輩出校として、社会的な評価を得てまいりました。
 かかる長い伝統と歴史を経た本学は、所蔵資料も多岐にわたっており、資料の展示場所として、平成16年5月、九段新校舎の落成を期に、大学資料展示室を開設しました。開設後は、定期的に企画展を開催し、本学が所蔵する資料を順次展示しています。また壁面に掲げたパネルによって、学祖三島中洲先生の生涯や本学の足跡、本学に学んだ著名人等を紹介しています。
 これらの展示を通じて皆様の本学に対する理解が深まり、一層のご支援がいただければ、幸いに存じます。

学校法人二松學舍 理事長
水戸 英則

大学資料展示室画像

明治

  • 10年10月二松學舍の創立。

昭和

  •   3年2月二松學舍専門学校設置。
  • 20年3月東京大空襲、校舎全焼。
  • 23年4月附属高等学校設置。
  • 24年2月専門学校廃止。
    二松學舍大学文学部国文学科・中国文学科設置。
  • 41年4月大学院文学研究科開設。
  • 44年4月附属沼南高等学校開設。
  • 57年4月大学沼南校舎開校。

平成

  •   3年4月国際政治経済学部開設。
  • 13年4月大学院国際政治経済学研究科開設。
  • 14年4月大学九段校舎の改築開始。
  • 16年3月新九段校舎竣工。
  • 16年5月大学資料展示室開設。
  • 26年11月九段1号館 地下3階に大学資料展示室移転。

 平成29年度、創立140周年を記念して、大学資料展示室(九段1号館地下3階)において、1年を通じて二松學舍のコレクションを公開しました。
奇しくも本学の卒業生である夏目漱石の生誕150年の年にあたり、創立記念日にあわせ、特別展「夏目漱石展」を開催しました。
一昨年記者発表し、テレビ・新聞等で漱石の未発表作品として広く報道されました「夏目漱石漢詩文屏風」をはじめ、夏目漱石直筆の書画、漢詩・俳句等の作品や正岡子規宛書簡、及び『吾輩は猫である』『こころ』『三四郎』等の初版本を公開しました。他、8回の特別展を実施しました。

多くの方々のご来場を賜わり、御礼申し上げます。

企 画 展 名 会 期
二松學舍ゆかりの明治の文化人 –明治150年- 9月28日(金)~10月27日(土)
明治の精神に学ぶ –明治150年- 12月 1日(土)~1月10日(木)
橘家四代の学問 守部・冬照・道守・純一 –明治150年- 2月 4日(月)~3月16日(土)

「二松學舍ゆかりの明治の文化人 –明治150年-」

 この企画展「二松學舍ゆかりの明治の文化人-明治150年-」では、明治10年の漢学塾二松學舍開学以来、明治期に活躍した犬養毅、渋沢栄一、夏目漱石、嘉納治五郎といった、二松學舍にゆかりのある文化人の書簡や書幅などを展示しています。
 皆様お誘い合わせの上、ご来場ください。

  • 会  期:平成30年9月28日(金)~10月27日(土)
  • 会  場:九段1号館地下3階 大学資料展示室
  • 開  室:月曜~土曜 10:00~16:00 入場無料
  • 休 室 日:日曜・10月10日
       

『三島中洲と近代 其六』(平成30年7月10日発行)

(目次)

図版

  1. Ⅰ章 〈備前〉閑谷学校の存続に尽くした人々
  2. Ⅱ章 〈備中〉山田方谷と備中松山藩の漢学の系譜
  3. Ⅲ章 〈備後〉福山藩の漢学者たち

『三島中洲と近代 其五』(平成29年11月30日発行)

(目次)

図版

  1. Ⅰ章 経書―五経・四書
  2. Ⅱ章 史書
  3. Ⅲ章 子書
  4. Ⅳ章 総集・別集
  5. Ⅴ章 二松學舍塾生たちの文社
  6. Ⅵ章 三島中洲と二松學舍ゆかりの漢学者たち

『三島中洲と近代 其四』(平成28年5月20日発行)

(目次)

図版

  1. Ⅰ章 三島中洲の対外認識
  2. Ⅱ章 対外戦争の記憶から危機意識へ(江戸期)
  3. Ⅲ章 対外侵出の時代(明治期)
  4. Ⅳ章 対外侵出の時代(大正期・戦前)
  5. Ⅴ章 山田方谷の対外認識と国体論
  6. Ⅵ章 戦時下の二松學舍
  7. Ⅶ章 対外戦争・対外危機等を詠じた詩文とその書

『芳野金陵と幕末日本の儒学』(平成27年10月1日発行)

(目次)

図版

  1. Ⅰ章 芳野家の歴史
  2. Ⅱ章 金陵と近世儒学
  3. Ⅲ章 金陵と幕末維新史
  4. Ⅳ章 金陵と昌平坂学問所
  5. Ⅴ章 芳野家塾「逢原堂」

付録(印譜・年譜・系図)

『三島中洲と近代 其三』(平成27年3月31日発行)

(目次)

図版

  1. Ⅰ章 三島中洲とその子孫
  2. Ⅱ章 三島中洲の学孫たち
資料編
展示資料および関連資料の翻刻

三島中洲関係年表

『三島中洲と近代 其二』(平成26年3月31日発行)

三島中洲と近代 其二 表紙

(目次)

図版

  1. Ⅰ章 三島中洲と対外関係
  2. Ⅱ章 三島中洲と経済問題
  3. Ⅲ章 三島中洲と漢学教育

展示品解説

資料編
展示資料および関連資料の翻刻

三島中洲関係年表

『三島中洲と近代 其一』(平成25年3月31日発行)

(目次)

図版

  1. Ⅰ期 修学と師友(一歳~三二歳)
  2. Ⅱ章 幕末維新期の活躍(三三歳~四二歳)
  3. Ⅲ期 明治新政府への出仕(四三歳~六六歳)
  4. Ⅳ期 一世の師表(六七歳~九〇歳)

展示品解説

資料編
Ⅰ『三島中洲・南摩羽峯往復書簡』翻印
Ⅱ『三島中洲・川北梅山・崔成大筆談録』翻印・訓読

三島中洲年譜

交通のご案内

※大学資料展示室は、九段1号館内にあります

  • JR「市ヶ谷」「飯田橋」駅下車、徒歩15分
  • 地下鉄 東西線・半蔵門線・新宿線「九段下」駅下車、 2番出口より徒歩8分

〒102-8336 東京都千代田区三番町6番地16

Tel.03-3263-6364/Fax.03-3263-6372