キャリアサポート

社会に触れて、考える。実践的なサポート。

二松学舎大学のキャリアサポートは、正課の授業に組み込まれたキャリア教育プログラムと、キャリアセンターによる各種支援の連携がポイント。
専門分野を無理なく絞り込んでいくことを主軸に、社会人としての教養やスキル、マナーを身につけ、納得のいく進路選択ができる「人間力」を養います。

キャリア形成の道筋

1年次

自分について知る
進路を考える時にまず必要なのは、自分自身を知ること。自身を振り返り、社会で自立する方法を考えていくために、就職意識の養成を目指したプログラムを早期から展開します。

2年次

社会を生きるスキルを磨く
コミュニケーション能力や協調性を中心に、自己を磨く機会を多く設けます。また、企業の経営者による講義も実施。社会に求められている人材像を把握し、自己開発していけるように導きます。

3年次

就職対策を強化する
就職活動に向けて、実践的なスキルを磨きます。作文や面接を通じて「聞く」「話す」「書く」ことによるコミュニケーション能力を育成するほか、社会人に必要なマナー全般を身につけます。

4年次

個別指導で希望の道へ
就職活動が本格化。キャリアセンターでは、これまで培ってきた力を十分に発揮できるよう、学生との二人三脚で、それぞれの希望進路実現に向けて全力でサポートします。

二松学舎大学のキャリアサポート、3つの強み

1大学が窓口となり、インターンシップが体験できる

大学が窓口となり、夏休み等を利用し、受け入れ協定を結んだ企業等でのインターンシップを実施しています。
希望者に対して授業形式の講義を実施し、インターン終了後には、企業の担当者を交えて報告会を行います。座学とインターンシップを経験することにより、「就業力」を身につけることに主眼を置いています。

2「社長弟子入りプロジェクト」で社会に触れる

3年次生が対象の「社長弟子入りプロジェクト」。3日間、実際に業界で活躍している企業の社長と行動を共にして、その仕事を体感することができます。
ビジネスの最前線を肌で体験した参加者からは、「目から鱗」「人生観が変わった」等の感想が寄せられています。

3「公務員試験合格講座」による手厚い支援

公務員試験の指導に実績のある「公務員試験専門 喜治塾」の協力を得て、国家公務員、地方公務員、警察官、消防官等の公務員を目指す学生をサポートする「公務員試験合格講座」を開講しています。
2・3年次生が対象で、2年次は公務員試験準備およびSPI 対策講座、3年次は公務員試験準備講座となります。なお、講座には学納金の他に別途料金がかかります。