• 学びを知る

学びを知る

文学部は3学科13専攻、
国際政治経済学部は2学科4専攻。
少人数で自由度の高い学びが特色です。

二松学舎大学は文学部と国際政治経済学部の2学部を擁し、各学科には研究分野ごとに専攻を設けています。 また、専攻での学びをベースに、応用力を育むプログラムや技能を身につけるためのコースを設定しています。

文学部

3学科あわせて文学領域を網羅する13の専攻を擁し、各学科としては国内最大級の規模を誇ります。

文学部の学びの特徴

学びたいことから
カリキュラムを組み立てる

キーワードから知る3学科13専攻

国文学科

日本の文化を学ぶことは、今の私たち自身を知ることです。 例えば古典文献の解読を通して過去の人々の生活や思いを考え、自分自身と比較することで、自分のあり方を探す契機が与えられるでしょう。 そのための対象は、近現代の小説や詩歌、演劇や映像であっても変わりありません。 国文学科では自らを見据え、他に向けて発信する「自分」を重視します。

中国⽂学科

一つの国の文化が一国だけで成立することはあり得ません。
日本も例外ではなく、私たちの精神や思想の背景には、古来からの中国大陸や朝鮮半島からの影響があります。
中国文学科では中国の文化や思想、言語を中心に学びその理解を深め、さらに日本や韓国の文化も学ぶことができます。
近年、必要とされている東アジアで活躍できる国際人も育成します。

国⽂学科・中国⽂学科の融合

都市⽂化デザイン学科

小説、マンガ、アニメ、ゲームなどの日本文化はクリエイティブ産業における重要なコンテンツとなっています。
一方で、発信力と「メディア文化への深い理解」を兼ね備えた人材はまだまだ不足しています。
都市文化デザイン学科では日本の文化に関する研究を礎に、実践的にメディアを再編・発信できる人材を育成します。

都市⽂化デザイン学科の学びの場
Akiba Lab.

日本のポップカルチャーが集結し、様々なカルチャーが共存する秋葉原にある「AKIBA Lab.」では、通常授業、各種研究会はもちろん、ときには街に飛び出してのフィールドワークなど、街全体を活用しての学びを行えるのが大きな特長です。

詳しくはこちら

国際政治経済学部

すべての年次で少人数制のゼミナールを展開。ビジネスシーンで活用できる英語力にも注力しています。

国際政治経済学部の学びの特徴

⽇本の政治・経済の
中⼼地で学べる

学科専攻⼀覧

キーワードから知る2学科

国際政治経済学科

日本国内ならびに国際的な政治・経済事情、法行政に関する知識を得ること、その知識を基礎にして複雑な社会、変動する国際社会を、複合的な視点を持って理解する力を付けることを目指しています。
さらに世界のさまざまな地域の政治・経済や歴史・文化・言語を学ぶことを通して、多様な価値観を尊重しながら国際社会に貢献できる人材の養成に努めています。

  • 国際政治

    複雑化が進む国際政治を
    理論・歴史・現状分析で読み解く。

    主に学ぶ専攻

    国際政治専攻
  • 国際経済

    経済学とビジネスの世界を学び、
    国際経済を分析する力を身に付ける。

    主に学ぶ専攻

    国際経済専攻
  • 法⾏政

    公務員に必要な法的知識、
    法的思考力を身に付ける。

    主に学ぶ専攻

    法⾏政専攻

国際経営学科

時代や場所に左右されることのない「本質的な力」。
国際経営学科では地に足の着いた学びで一人ひとりの能力を引き出します。
実務に直結する国際経営センスを身に付けることを目的としています。
授業はアクティブ・ラーニングの比率が高く、早くから社会人基礎力アップが期待できます。

  • 国際経営

    実務に直結する
    国際経営センスを身に付ける。

  • 外国語教育

    英語はもちろん、中国語、
    韓国語なども身に付けられる。

    国際経営学科の詳細はこちら
  • ICTリテラシー

    実社会で必要となるビッグデータの
    利用・分析などを学ぶ。

国際経営学科の詳細はこちら

その他の学び

コース(両学部共通)⼀覧

知識や技能を高めるために、2学部全学科の中から履修モデルとして設定された「コース」という科目群があります。
学部・学科・専攻の枠を越えて、自由に選択履修することができます。

  • 書道コース
    千数百年にわたる書の歴史を理解し、実作を通して表現技能を高め、人間的な向上を図ります。
    書の技能に関する科目と、理論・鑑賞に関する科目とで構成されています。なお、文学部学生は職課程科目を併せて履修することで、高等学校「書道」教員免許状を取得できます。
    ※都市文化デザイン学科では教員免許状は取得できません。
  • 中国語コース
    「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を偏りなく学び、中国文化への理解を深めることで、幅広く総合的な語学力を身に付けます。
    また、教職課程科目も併せて履修することで、文学部中国文学科学生は中学校・高等学校「中国語」の教員免許状を取得できます。
  • 韓国語コース
    基礎的な語学力を身に付ける科目と、韓国の文化、文学について幅広く学ぶことのできる科目が配置されています。
  • 情報・メディアコース
    コンピュータの操作を中心とした科目と、情報の創造・発信能力養成の科目を体系的に履修することにより、コンピュータやメディアに対する知識と自己表現力をバランス良く身に付けることができます。
  • 日本語教員養成コース
    日本語学校や海外展開する企業などで必要とされる日本語教員。
    日本語教員養成コースでは、日本語教育に求められる基礎的な能力と知識の修得を目指します。修了者には「日本語教員養成課程修了証」が付与されます。
    ※国際政治経済学部では原則履修できません。
  • 司書教諭コース
    司書教諭とは、学校図書館の専門的職務に従事する教育職員です。
    その資格取得を目標に、学習指導と学校図書館・情報メディアの活用などを学びます。教職課程との併修が必要です。
    ※都市文化デザイン学科・国際経営学科では教員免許状は取得できません。
  • 東アジアの文化と社会プログラム
    「歴史・文化」「政治・外交・経済・社会などの現状とその理解」「東アジアに関する情報収集の力となる言語の習得」の3分野の科目からなるプログラムです。
    東アジアを知り総合的に理解することは、東アジア地域の一員である日本人にとって必須の事項です。