国際経営専攻

経営学に経済学や法律の知識を加えて多彩なグループワークを実践。
アクティブ・ラーニングで実践的な力を身に付ける。

カリキュラムマップ(PDF)

学びの特長

  • 社会が動くメカニズムを知る。

    政治、経済、法律を基盤に社会は成り立っており、それはビジネスも同様です。
    国際経営学科では、1年次に「経済」「法律」「経営」の基礎を学んだ上で実践的な経営学を学びます。

  • 専門知識と実践で使えるスキルを修得する。

    2年次から始まる少人数のゼミで経営学の理論を学びはじめ、3年次ではインターンシップ、企業との共同研究等を通じ、専門知識と実践的スキルを身に付けるカリキュラムを用意しています。

  • 4年間にわたり少人数ゼミナールを経験。

    1〜4年次に配置された少人数ゼミナールを通じて先生・友人と「共に学び、共に成長する」ことのできる環境を用意。
    助け合い励まし合いながら4年後の成功に向けて切磋琢磨します。

先生が語る! 経営学の面白さ

教科書通りの考え方ではダメ。
新たな理論や枠組みを創造しよう。

経営学の専門的な知識と実践で使える
スキルの習得を目標としています。

新規事業開発、マーケティング、
ブランド・マネジメントが専門

小具 龍史 准教授

「経営学は「実学」です。ただ理論を学ぶだけではなく、経営の現場感を感じることが大切です。経営は生き物であるため、教科書通りの考え方だけでは対応できません。場合によっては、新たな理論や枠組みの創造が必要になります。
当ゼミでは、ビジネスコンテストへの参加や企業への提案、インターンシップなどの経験を通して、経営の生の現場感が養えるよう工夫しています。社会人として必須のマナーや基礎力を養いつつ、企業や組織が新しい事業を始めるために必要となる革新的な事業アイデアやビジネスモデルを創造し、これを実現するビジネスプランの策定に必要な専門知識と、実践で使えるスキルの修得を目標としています。」

学生に聞きました。あなたが学んだことは?

中国語✕マーケティング
語学力と思考力を養っています

2年次生(取材時)

五十嵐 大輝 さん (千葉県立船橋芝山高等学校 出身)

(千葉県立船橋芝山高等学校 出身)

中国語✕マーケティング
語学力と思考力を養っています。

  • 1年次

    経営の基礎、そして中国語に出会う

    経済学、統計学、ITリテラシー、経営学など経営の基礎を学ぶとともに、第二外国語として選んだ中国語にはまり、興味を持って励んでいました。

  • 2年次

    ゼミで実務学習を開始

    座学だけでなくビジネスコンテストに参加するなど、実務的な学びができるゼミに入りました。
    ゼミも一つの経営が実践できるグループととらえ、運営マネジメントなども務めました。

  • 3年次

    知識、論理的思考法を磨く

    引き続きゼミで経験を積みながら、語学力も磨いていきたいです。
    より実務的なマーケティングについて学ぶためにも論理的思考力を養っていきたいと思います。

  • 4年次

    語学+マーケティングが活かせる職業に

    就職に関してはまだ明確には考えていませんが、好きになった中国語とマーケティングの知識を活かせるような仕事に就きたいと思っています。

学科・専攻のミリョクは?

本学に入学するまでは、勉強とは座学だと思っていたところがありました。
しかし本学科では、小具准教授をはじめ実務的な学習を重視する講師も多く、授業の中にはグループワークなども多く組み込まれています。
その一環として、実際にビジネスコンテストに参加したこともありました。
現実的に運用できるようなアイデアを考えることが面白く、身に付くのも早いと思います。

大学に入って変わったことはありますか?

現在受けている小具先生のゼミでは「経営学は実学」という考えが基本のため、社会に出ても通用する建設的な提案ができるようになることが求められます。
グループワークなどで、論理的に考えるという手法を学び経験していくうちに、それまでの自分にはなかった論理的思考が身についてきていると感じています。
ただ形や理論だけ学ぶだけではなく、その先でどう活用できるのか考えられるようになりました。

他の専攻科を見る

学科専攻⼀覧