書道専攻

書道に関する実技と理論、周辺分野の3方向から、書の世界を存分に学ぶ。

二松学舎大学 中国文学科 書道専攻ムービー

学びの特長

  • 古典文学を理解することで、創作の基盤とし表現を広げる。

    中国文学や国文学など、古典作品の理解を通して、自身の書の基盤とし、作品制作に活かします。

  • 独自の専門分野を持った書道教員が直接指導。

    書の世界を深めていこうとする学生たちの個性を伸ばすよう、11名の書道教員が指導します。

  • 探究心を持ち続け、書の道を探り続けるための基礎を築く。

    4年間で身に付けるのは、あくまでも書道の基本。ライフワークとして書道を探究するための基礎を築きます。

先生が語る! 書道の面白さ

学生の特性や個性に即して
書の古典をアドバイスします。

中国の文化にふれ、漢字の歴史を修得
することで、良い書を書くことができます。

中国の隷書体と行書体の制作が専門

髙澤 浩一 教授

私は、実技では中国の漢字書法の中で特に隷書体と行書体を中心にした作品制作を得意としています。
理論については、漢字文化の歴史と書体の変遷について研究しています。
書道を極めるためには、ただ文字を書く練習をするだけでは足りません。
書かれている文字や文章についての十分な知識を学ぶ必要があります。
そのために、中国の文化にふれて漢字の歴史などを修得して欲しいと思います。

学生に聞きました。あなたが学んだことは?

ただ書くだけではなく
その歴史背景を知ることが
書の深みに通じる

3年次生(取材時)

中込 京花 さん (千葉県立幕張総合高等学校 出身)

(千葉県立幕張総合高等学校 出身)

ただ書くだけではなく
その歴史背景を知ることが、書の深みに通じる

  • 1年次

    書道の歴史背景など基礎を学ぶ

    書道の歴史背景など、基本的な座学や、漢文の基礎など中国文学科の必修科目を学びました。

  • 2年次

    書道の実技を学ぶ

    仮名・漢字など、ジャンルごとに実技を学びました。
    また、国語教員免許に必要な日本文学も学習しました。

  • 3年次

    書道の教員になるための知識を習得

    ゼミに入り、書道を専門的に学びました。
    書道の教員になるための学習や、なってから役立つ知識、技能を身に付けました。

  • 4年次

    卒業制作と教員への準備

    卒業制作に向けて、より一層力を入れた作品作りをしていきます。
    教員として自分の知識、技能に自信を持てるような準備を進めます。

好きな本、おススメの本はなんですか?

有川浩の『明日の子供たち』です。
児童養護施設で働く主人公と、その施設の子供たちを描いた物語。
子供が抱えている悩みや葛藤に、どう寄り添っていったらいいかなど、子供との関わりについて考えさせる小説なので、教員を目指している人に特におススメです。

二松学舎大学の学びで成長できたと思うところは?

今まで書を書く時には、なんとなく筆を走らせるだけだったところがありました。
大学で作品の背景などを詳しく学ぶようになって、作品を深く理解して書くことができるようになりました。
「深みのある文字を書くためにはその歴史背景まで詳しく知ることが大事」ということを二松学舎の先生からの教えで意識するようになれたからだと感じています。
自身も教員を目指しているので、そんな風に生徒に深みを持たせられる先生になりたいです。

他の専攻科を見る