国際経済専攻

国際的な経済理論とビジネスの世界を学び、国際社会を担う人材を育成。

カリキュラムマップ(PDF)

学びの特長

  • 経済学の基礎を丁寧に学び、専門領域の足掛かりにする。

    1・2年次に経済学入門、ミクロ経済学入門、マクロ経済学入門等の科目で基礎的知識を学修します。

  • 専門的な学びを経済活動に応用し自ら考える力を養う。

    「国際貿易論」「国際金融論」「国際経済論」等の専門的領域で、国際的な視野で経済を捉える力を養います。

  • 簿記や財務会計等の、実務スキルを向上させる。

    経営やビジネスに役立つ簿記や財務会計を学び、実際の国際社会で活躍できる人材を育成。

先生が語る! 金融・ファイナンスの面白さ

話題のデータサイエンスに
触れてみよう。

統計学に基づいたデータ分析に取り組むことで、
社会で役立つスキルを身に付けてほしい

金融・証券市場のデータ分析が専門

戸辺 玲子 専任講師

金融・ファイナンスは数字を扱うので、文系の学生からすれば、学ぶ前から苦手意識を持ってしまうかもしれません。
けれども数学を使うとさまざまな理論がとても簡単に表現できますし、統計学に基づいた分析の手法を身に付けるとさまざまな現象の関連性を見つけて理解することができるようになります。
授業では企業の業績資料などを題材に基礎的な資料把握から取り組み、ゼミでは統計学に基づいたデータ分析やプログラミングにも挑戦します。
身に付けた知識はデータを用いた資料作成など、社会人になってからも大いに役立つはずです。

学生に聞きました。あなたが学んだことは?

経済成長を多角的に分析することで
国際社会を切り拓く力を養えました

3年次生(取材時)

齊藤 太一 さん (二松学舎大学附属高等学校 出身)

(二松学舎大学附属高等学校 出身)

経済成長を多角的に分析することで
国際社会を切り拓く力を養えました。

  • 1年次

    基礎を固める

    経済学の基礎はもちろん、政治学や法学まで幅広く学び、それぞれが連動していることに気付きました。

  • 2年次

    経済学を幅広く学ぶ

    マクロ経済学、ミクロ経済学、財政学など、経済学の中でも幅広く学びました。
    同時に英語特別プログラムを受講し、英語力も同時につけていきました。

  • 3年次

    マクロ経済学を専門に

    1・2年での学びから、一番興味を持ったマクロ経済学を専門テーマに選びました。
    現在はソローモデルという経済成長について分析しています。

  • 4年次

    経済学の知識と語学力を活かして

    経済学と語学力の学びを活かして、国際社会を分析する力を培いたいと思います。
    その力が将来ビジネスでも活かせたらいいなと思っています。

好きな本、おススメの本はなんですか?

近藤悦康の『はたらくを、しあわせに。』です。
「誰のために働くのか」「自分のために働くとはどういうことか」「人のために働くとはどういうことか」という根源的なことを考えさせてくれます。
哲学的な問いかけから始まる内容はシンプルで読みやすく、働くことは面白いことだということを納得させてくれる一冊です。

学科・専攻のミリョクは?

専門以外の学問も幅広く学べるところだと思います。
経済学だけでなく政治学を学ぶことで両者が緊密に関係していることが理解でき、マクロ経済学だけでなくミクロ経済学も学んだことで、国や企業の経済がじつは身近な家庭の経済とも連動していることがわかりました。
一つのジャンルを学ぶために多方面から切り込むことで、より柔軟な発想や見方を養うことができたと思います。

他の専攻科を見る

学科専攻⼀覧