中国文学専攻

日本に大きな影響を与えた中国の文学・思想を理解し、知見を広める。

学びの特長

  • 中国文学、歴史、思想など幅広い分野の教員が在籍。

    「漢学塾」が原点の本学ならではの、さまざまな時代や分野を専門とする教員が学びをサポート。

  • 中国古典について、文学はもちろん、思想も探究できる。

    唐詩や『三国志演義』などの文学から、『論語』や諸子百家、朱子学などの思想まで興味に応じて学べます。

  • 中国文学から得た学びを現代に活かす視点を養う。

    古典だけでなく、いまや世界各国に影響を与える現代の中国学にも取り組みます。

先生が語る! 中国文学の面白さ

優れた古典学の教員がそろっている
大学という自負があります。

人文学のスキルは、成熟した大人になるために必須のもの。

中国の古典文献について研究

牧角 悦子 教授

授業では中国古典という難度文献を、分かりやすく解説することを心がけています。
それは古典をより正確に読むためのスキルと知識を身につけてほしいと願うため。
日本の文化の中に溶け込んでいる中国文化を、より正確に高いレベルで理解したいと感じている人は、中国の古典学を学ぶことが重要です。
なにより人文学のスキルは、文系理系を問わず成熟した大人になるために必須のもの。
真の教養人たらんと願う学生にこそ、古典学の教員を多分野にわたってそろえている二松学舎大学に入学することを勧めます。

学生に聞きました。あなたが学んだことは?

中国という国の言語、文化を学び
幅広い知識を身につけられました

3年次生(取材時)

中䑓 真映 さん (船橋市立船橋高等学校 出身)

(船橋市立船橋高等学校 出身)

中国という国の言語、文化を学び
幅広い知識を身につけられました。

  • 1年次

    中国という国を学ぶ

    必須科目で中国語、中国学入門、基礎訓読法などがあり、中国の地理、王朝、漢文など基礎的な知識を学びました。

  • 2年次

    深く細かく知識を掘り下げる

    中国思想史、中国文学史など、1年次の基礎的な学びから発展し、深く細かく知識を肉付けしました。
    中国への短期留学も体験し、中国の今についても自身の肌で体感しました。

  • 3年次

    中国古典のゼミに入る

    1・2年次で中国文学に興味を持ち、中国古典のゼミへ。
    『詩経』を学ぶため中国語の文献なども読みました。

  • 4年次

    中国文学の魅力を見つける

    自分なりに中国文学の魅力を表現していけるようになりたいです。
    将来は、国語教員になって、文学の歴史や魅力を伝えていきたいと思います。

好きな本、おススメの本はなんですか?

朝井まかての『眩(くらら)』です。
葛飾北斎の娘が主人公の歴史小説です。
自分が好きだと思える仕事に出会える幸せが伝わってきます。

学科・専攻のミリョクは?

日本人の思想に影響を与えたと言われる中国文学、思想、言語を学びたいと思い二松学舎大学に入学しました。
創立140年以上の本校には中国文学研究に長い歴史と伝統があり、中国文学の源流に触れることができます。
その一方では中国の言語や文化などの新しい知識も身につけられ、昔と今の中国の両方を学べるのも、本校の中国文学科の魅力だと思います。

他の専攻科を見る