日本漢学専攻

漢文を通じて、日本の学術・思想・文化を幅広く学ぶ。

学びの特長

  • 歴代の日本の知識人の学術・思想・文学を概観する。

    漢学が知識人としての素養であった時代の、漢文訓読体の著述に触れ、漢学の全体を捉えます。

  • 漢字文化圏における日本文化の特色を考える。

    日本漢学だけでなく、中国の文学・思想を学びます。そこから、日本文化の持つ特色について考えます。

  • さまざまな時代の資料を参照し、漢文訓読を極める。

    時代とともに変遷してきた漢文訓読について、多様な訓読とその解釈について学びます。

先生が語る! 日本漢学の面白さ

二松学舎でしか学べない内容
といっても過言ではありません!

グローバルな視点からみて、「近代の漢学」はこれからの発展性に富んだ魅力ある分野です。

儒学・医学を中心に学術史を研究

町 泉寿郎 教授

私は「日本漢学」を、日本人が主に漢字・漢文を用いて修得した学術文化という意味で使っています。
私個人は江戸時代の漢方医学史と明治時代の漢学史を中心に研究しています。
資料が豊富に残っている時代を対象としているので、講義でもなるべく一次資料に触れてもらえるよう心掛けています。

学生に聞きました。あなたが学んだことは?

二松学舎の原点でもある漢学
日中の文化の交わりを研究しています

3年次生(取材時)

川原 廉耀 さん (鳥取県立境高等学校 出身)

(鳥取県立境高等学校 出身)

二松学舎の原点でもある漢学。
日中の文化の交わりを研究しています。

  • 1年次

    漢文の読み方や基礎を学ぶ

    人名や漢文の基本的な読み方など、漢学を学ぶための基礎を養う期間でした。
    中国から日本への伝来についての簡単な歴史の流れについても学びました。

  • 2年次

    歴史・時代背景を学ぶ

    1年次で漢文の読み方に慣れたうえで、通史として歴史を本格的に学びます。
    ここで時代や政治など、背景となる知識をしっかりつけていきます。

  • 3年次

    少人数のゼミで作品を読み解く

    本専攻では3年次でも「文章を正確に読む」「内容をしっかり読み解く」ための基礎を徹底して固めます。
    少人数制なので、教授ともかなり近い距離で教わることが出来ます。

  • 4年次

    興味のあるテーマを卒業論文に

    こつこつ積み重ねた知識と読解力をもとに、卒業論文をいいものに仕上げたいです。
    そのために素材や文献を読み込む期間として力を入れていきたいです。

今、チカラをいれていることは?

卒業論文のテーマとして五山文学を選ぼうと考えているので、中世の日本漢学の勉強に力を入れています。
高校時代から漢文の潔い表現に惹かれ入学しましたが、二松学舎の文献の豊富さや第一人者である教授からの講義に日々刺激を受けています。
日本が中国の文化からどのように影響を受けたのか、両国の文化の交わりを丁寧に読み解きたいと思います。

学科・専攻のミリョクは?

堅い学問と考えられがちですが、二松学舎での日本漢学はとても広範囲。
現在は町教授の指導を受けており、教授の考えとして「日本人が漢字・漢文を用いて習得した学術文化を広く日本漢学と捉える」という、どんな分野でも日本漢学として研究対象にできる自由があります。
もともと詩や茶道など古くからあるものが好きなので、それらも日本漢学につなげて考えることができ、自由にテーマにできるところが魅力です。

他の専攻科を見る