学部・大学院

専攻紹介

国文学専攻(文学部 国文学科)

古典から近現代までの作品を読み解き、日本の文化を伝承していく。

古典を学び、近現代の文学がその恩恵を受けていることを理解していきます。研究にとどまらず、短歌等の創作も学べるカリキュラムです。

映像・演劇・メディア専攻(文学部 国文学科)

小説・映画・古典芸能等のメディアを幅広く学び、深い考察を展開する。

能や狂言といった伝統芸能から、現代演劇、映画、マンガやゲームに至るまで。それらすべてをメディアととらえて研究し、深い洞察力と表現力の真髄を学びます。

日本語学専攻(文学部 国文学科)

これまで意識しなかった日本語の「なぜ」を追究する。

私たちが日々当たり前に使っている「日本語」を普段とは違った角度から眺めてみると、様々な発見があります。

日本文化専攻(文学部 国文学科)

民俗学と歴史学の視点から日本文化を研究し、深く理解する。

時代とともにしなやかに変化してきた日本文化。現地調査を交えたリサーチを行うとともに、文学の背景にある文化を探ります。

比較文学・文化専攻(文学部 国文学科 中国文学科)

日本と海外諸国の文学・文化を比較し、多角的な視点から日本の魅力を探る。

文学作品や文化の中に映し出された、各国の独自性と人間の普遍性。中国と韓国、欧米を鏡として、日本の文学と文化を新たな視点で再確認します。

中国文学専攻(文学部 中国文学科)

幅広い分野の多彩な講座で中国の文学や思想の知見を広める。

「東洋の文化を学ぶことこそ、わが国本来の姿を知り得る」と説いたのは本学の創立者で漢学者の三島中洲。中国の文学・思想を学ぶには絶好の環境です。

日本漢学専攻(文学部 中国文学科)

近世・近代を中心に、漢文を通して日本の学術・思想・文化を学ぶ。

林羅山や荻生徂徠らの思想、頼山陽や三島中洲らの詩文、藩校や漢学塾の教育。そして漢方医書や『解体新書』等の漢訳洋書までの漢文を幅広く学びます。

中国語専攻(文学部 中国文学科)

古代から現代に至る中国文化に触れながら、国際社会で活かせる中国語を習得する。

実践を重視した授業で、初級から上級へと段階的に中国語を学ぶ4年間。実用中国語の習得を目指し、国際社会で活躍できる力を養います。

書道専攻(文学部 中国文学科)

実技・理論・周辺分野の3方向から書の道を歩んでいくための基礎を養う。

多くの名品に触れながら技術を高めていくと同時に漢字や書道の歴史、文学等の分野を学び、より深く書道と向き合います。

韓国語専攻(文学部 中国文学科)

韓国の言語・歴史・文化を学びながら中国や日本との関係性をとらえ直す。

韓国語のマスターを主な目標に据えつつ、韓国について幅広く学びながら隣国であり、つながりの深い中国、日本との比較を行います。