研究

[情報センター] ネットワーク利用諸規程

ネットワーク利用規程とは、ネットワーク利用全般について定めたもの。

規程書式はホームページ用として作成されております。

第1条 [ 目的 ]

この規程は、二松学舎大学(以下「本学」という。)が設置するネットワークの利用に関する基準を定め、教育研究活動の発展に寄与することを目的とする。

第2条 [ 利用対象者 ]

ネットワークの利用対象者は、次のいずれかに該当する者とする。

  • 本学の教職員
  • 本学の学生・大学院生(休学・停学中の者は除く)
  • 情報センター長が適切と認めた者

第3条 [ 利用資格 ]

ネットワークを利用するためには、情報センターが主催する講習会を受講していなければならない。
但し、情報センター長の判断により講習会の受講を免除できるものとする。

第4条 [ 利用申請 ]

ネットワークの利用申請は、次のとおりとする。

  • ネットワークを利用する者は、「ネットワーク利用申請書」を情報センター長に提出する。
  • 情報センター長は、利用申請に基づき、その利用を適切と認めた者に個人アカウントおよび、パスワードを設定し、その利用を承認する。

第5条 [ 利用資格有効期限 ]

ネットワークを利用することのできる期間は、在職、在学中とする。

第6条 [ 利用変更申請 ]

申請時の内容に変更が生じた場合は、速やかに「ネットワーク利用変更申請書」を情報センター長に提出する。

第7条 [ 利用の停止・取消 ]

情報センター長は、利用者が次のような行為を行った場合には、その者の利用 を一定期間停止、またはその利用者の承認を取消すことができる。 尚、停止期間などについては、センター運営委員会で協議決定するものとする。

  • 本規程または情報センター長の指示に反する行為
  • 著作権、肖像権など法令に定める権利を侵害する行為
  • 公序良俗に反する行為
  • 個人アカウントを、利用者以外の者に使用させる行為
  • 営利を目的とする利用行為
  • ネットワーク上で知り得た情報の秘密保持を損なう行為
  • 故意にネットワーク、機器、設備などに障害を与える行為
  • 故意に個人的なソフトウェアを機器にインストールすることや機器の設定を変更する行為
  • ネットワーク利用者として不適格であると認められる行為

第8条 [ 利用の責任 ]

  • ネットワークの利用は、利用者の責任のもと行わなければならない。
  • 個人パスワードは利用者が管理し、失念した場合は「パスワード再発行申請書」を情報センター長に提出し、再交付を受けるものとする。再交付の手数料は壱千円とする。
  • ネットワークを利用し個人として発信した文章および、作成した制作物は、利用者が管理し責任を負うものとする。
  • ネットワークの障害などにより利用者に生じたデータ破損などの損害については、本学は責任を負わないものとする。

第9条 [ 障害時の対応 ]

ネットワーク上に何らかの障害が発生した場合は、速やかに情報センターへ届け出るものとする。

第10条 [ サービスの停止 ]

ネットワークの運用は、メンテナンスまたは、予期せぬ障害などのため情報センター長の判断により停止する場合がある。

第11条 [ ネットワークへの機器の接続 ]

ネットワークに本学が設置するもの以外の機器を接続する場合には、「ネットワーク機器接続申請書」を情報センター長に提出し、接続の承認を受けなければならない。また、接続機器に変更が生じた場合は、速やかに「ネットワーク機器接続変更申請」を情報センター長に提出しなければならない。

2 ネットワークに接続する機器の管理に関しては別に定める。

第12条 [ 規程の改廃 ]

この規程の改廃は、情報センター運営委員会の議を経なければならない。

附則

この規程は、平成11年4月1日から施行する。

附則 ( 平成16年9月28日 )

この規程は、平成16年9月28日から施行する。

附則 ( 平成22年4月1日 )

この規程は、平成22年4月1日から施行する。