二松學舍大学特別教授・夏目漱石
(漱石アンドロイド)
※画像の無断転載はご遠慮ください

はじめにIntroduction

二松學舍では、夏目房之介氏、大阪大学大学院石黒研究室、朝日新聞社協力のもと
創立140周年事業の一環として、本学にゆかりのある文豪・夏目漱石のアンドロイドを作成し大学等で講義を行うという、先駆的で新発想の試みに挑戦します。

詳しくはこちら

今後のスケジュールSchedule

詳しくはこちら

漱石と二松學舍About Soseki and Nishogakusha

二松學舍は、明治10年“漢学塾・二松學舍”として、ここ九段の地に誕生しました。創立者の三島中洲は、当時有名な漢学者であり、その教えを受けようと多くの塾生が集まりました。幼いころから漢文や漢詩が好きだった夏目漱石(以下、漱石)もその一人。14歳だった漱石は、
明治14年、“漢学塾・二松學舍”の門をたたきました。

詳しくはこちら

新着情報News