就職・キャリア

発行物

教職支援センターだより

二松学舎大学教育開發だより

二松學舍大學教育研究會會報

教職支援センターだより 第12・13合併号(平成29年3月刊)

発行日 平成28年3月21日(火)
体  裁 A4版 16ページ
主な記事
  • 卒業生から学ぶ
    教職支援センター長 若井田 正文
  • 特集 平成28年度 教員採用選考合格体験記
    東京都 小学校
    自分に合った勉強法で、合格を目指す/国文学科 植田 小百合
    早期からの対策と継続する根気を持つ/国際政治経済学科 渡邊 伸高
    東京都 中学校・高等学校
    論文対策は一人で悩まず添削してもらう/国文学科 浦川 葵
    対策だけではなく幅広い知識を/国文学科 野田 将馬
    勉強を通じて自己理解を深める/国文学科 倉持 実季
    東京都 高等学校
    傾向を掴み、反復した学習で合格へ/国際政治経済学科 小泉 大夢
    千葉県 中学校
    「何かを続ける」ことで、自信をつける/国文学科 池田 頌
    仲間と高め合い、合格にたどり着く/国文学科 神家満 風花
    周囲に頼りながら「団体戦」を乗り切る/国文学科 新堀 みなみ
    千葉県 高等学校
    自分を信じ、努力を重ねて、夢を叶える/中国文学科 西 朱莉
    自分を甘やかさない工夫を/中国文学科 林 友紀也
    埼玉県 中学校
    「教員になりたい」という気持ちを持ち続ける/国文学科 浅利 龍一
    地方公務員を断り、教員一本へ/国文学科 落合 輝太
    経験を積み、視野を広くする/国文学科 渡邉 耀大
    埼玉県 高等学校
    同じ志を持った仲間と一緒に勉強を/国文学科 髙橋 大樹
    教師像を明確に持ち、具体的に行動する/国文学科 豊口 怜未
  • 活躍するOB教員 第4回
    職業としての教員~我が来歴~
    神奈川県立柏陽高等学校 校長 井坂 秀一
    「今播く種は未来に現わる」と信じて
    さいたま市立土呂中学校 教諭 江原 瑞貴
  • 第22回平成28年度 二松學舍大学 教育研究大会開催
    講演会報告
    二松学舎大学附属柏高等学校 教諭 大山 由美子
    分科会報告(特別支援教育)
    二松学舎大学・日本体育大学・秀明英光高等学校 非常勤講師 塩島 翔
    分科会報告(中学校・国語)
    立正大学付属立正中学校・高等学校 教諭 渡辺 大雄
    分科会報告(高等学校・国語)
    神奈川県立総合教育センター 指導担当主事 相原 健右
  • 新任教師奮闘記(9)
    埼玉県立久喜高等学校 教諭 浅見 祐希

教職支援センターだより 第11号(平成28年2月刊)

発行日 平成28年2月20日(土)
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 教員採用選考を振り返って
    教職支援センター 特命教授 芝田周一
    活躍するOB教員 第3回
    教える喜びと日々の研鑽
    横浜市立川和中学校 主幹教諭 石井温子
  • 特集 平成27年度教員採用選考合格体験記
    神奈川県 中学校
    最後まであきらめないで/国文学科 雛鶴あゆみ
    東京都 中高
    自己分析と対策を/国文学科 野中大幹
    合格はゴールではなくスタート/国文学科 栁澤采佳
    勉強を通じて具体的な教員像を想像する/中国文学科 白岩司門
    千葉県 小学校
    「とにかくまずやってみること」が第一歩/国文学科 吉本陽子
    千葉県 中学校
    常に教壇に立った自分を想像する/国文学科 三瓶佑惟
    苦手を克服する習慣を/国文学科 松本眞月
    自分の長所や経験を生かして/国文学科 伊藤結有
    千葉県 高等学校
    実務に触れたことで意識が変わった/国文学科 遠藤朱澄
    埼玉県 中学校
    合格するという強い意志を持ち続けて/国文学科 平井ちひろ
    埼玉県 高等学校 平成26年度実施試験登載猶予 平成28年度名簿登載
    目標への距離を計り、学ぶべき領域を確認する/大学院文学研究科 松本陸
  • 第21回 平成27年度 二松學舍大学教育研究大会開催
    講演会報告
    二松學舍大学附属柏中学高等学校 教諭 大山由美子
    分科会報告(小学校の部)
    埼玉県北本市立中丸東小学校 教諭 前島利彦
    分科会報告(中学校の部)
    立正中学校・高等学校 教諭 渡辺大雄
    分科会報告(高等学校の部)
    二松學舍大学・日本体育大学・秀明英光高等学校非常勤講師 塩島翔
  • 新任教師奮闘記(8)
    静岡県立三島北高等学校 教諭 西葛誠悟

教職支援センターだより 第10号(平成27年10月刊)

発行日 平成27年10月25日
体  裁 A4版 6ページ
主な記事
  • 二松學舍大学茨城県教員の会 設立
  • 活躍するOB教員 第2回
    小笠原村立母島中学校に赴任して
    小笠原村立母島中学校 副校長 乙幡英剛
  • 教育実習を終えて
    教育実習を終えて
    国文学科 大山美波
    貴重な体験
    国際政治経済学科 川島栞
    教育実習で得た経験
    国文学科 岸亮一
    自分にしかできないこと
    国文学科 杉田真実
  • 教員採用試験合格夏期集中講座開講
  • 平成27年度第21回教育研究大会開催
  • 新任教師奮闘記(7)
    東京都立八王子桑志高等学校 教諭 羽部千聡

教職支援センターだより 第9号(平成26年12月刊)

発行日 平成26年12月10日
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 教員採用試験を振り返って
    教職支援センター 町田哲夫
  • 千葉・東京・埼玉・茨城教員採用説明会を開催
  • 特集 平成二十六年度教員採用試験合格体験記
    埼玉県 小学校
    あきらめずに最後まで食らいついて/国文学科 佐久間舞
    埼玉県 中学校
    ボランティア活動から得た強み/国文学科 相本美穂
    埼玉県 高等学校
    自分なりの勉強法を見つけて/国文学科 今田彩華
    埼玉県 高等学校
    「やればできる」と思い込むこと/国文学科 齋藤茜
    千葉県 小学校
    勉強するしかない環境に身を置いて/国文学科 遠藤悠太
    千葉県 中学校
    強い意志を持ち続けて/国文学科 木村亜美
    千葉県 中学校
    学校現場での活動経験が武器に/国文学科 吉村俊亮
    東京都 中学校
    全てが学びに繋がるという意識を持って/国文学科 中沢優
    東京都 特別支援学校
    日々の積み重ねを大切に/中国文学科 伏見祐希
    神奈川県 中学校
    夢の実現に向けて/中国文学科 小向理奈
    川崎市 中高
    やれることを今日からやる/国文学科 久保田未来
    岐阜県 中学校
    大学受験用の問題集で知識を蓄えた/国文学科 吉田淳嗣
  • 第20回 平成二十六年度 二松學舍大学教育研究大会開催
    講演会報告
    東京都清瀬市立第五中学校 主幹教諭 乙幡英剛
    分科会報告(小学校の部)
    埼玉県北本市立中丸東小学校 教諭 前島利彦
    分科会報告(中学校の部)
    立正中学校・高等学校 講師 渡辺大雄
    分科会報告(高等学校の部)
    秀明英光高等学校・二松學舍大学 講師 塩島翔
  • 新任教師奮闘記(6)
    東京学園高等学校 教諭 徳竹浩平

教職支援センターだより 第8号(平成26年7月刊)

発行日 平成26年7月25日
体  裁 A4版 8ページ
主な記事
  • よりよい「教職支援センター」を目指して
    教職支援センター長 若井田正文
    「教職特別講演会」を開催
    ― 講師に井坂秀一氏(文学部五十回卒)を招いて ―
  • シリーズ 活躍するOB教員 第1回
    国語教育研究協議会の事務局長として大会準備に尽力
    千葉市立千城台南中学校 教頭 屋代健治
    埼玉県の書道教育発展のために邁進
    埼玉県立桶川西高等学校 校長 中山幸男
    全国連の研究大会開催に向け奔走
    千葉県立市原高等学校 校長 田邉義博
  • 特集 教育実習を終えて
    生徒との関わりから見えたもの
    文学部国文学科 田中美帆
    教職の魅力と課題を実感
    山﨑康太
    失敗から学ぶ大切さを知った
    文学部中国文学科 上田萌子
    中学校教員への思いさらに強く
    文学部国文学科 相本美穂
  • 教員採用受験指導
    ― 全体指導と面接指導を ―
  • 平成二十六年度 第二十回 教育研究大会開催決まる
  • 新任教師奮闘記(5)
    埼玉県立川口工業高等学校 教諭 小笠原 香純

教職支援センターだより 第7号(平成25年12月刊)

発行日 平成25年12月10日
体  裁 A4版 10ページ
主な記事
  • 教員採用試験を振り返って
    教職支援センター 榎本善紀
  • 「先生っていいもんだ」を開催
  • 特集 平成25年度教員採用試験合格体験記
    川崎市 中学校
    ひたすら過去問を解くことで一次試験突破/国文学科 黒川大樹
    茨城県 中学校
    過去問分析と情報収集が重要/国文学科 大曽根美咲
    千葉県 高等学校
    合格講座の有効活用が結果につながった/国文学科 越川莉加
    千葉県 中学校
    豊富な勉強量が合格の決め手になった/国文学科 佐伯千波
    千葉県 中学校
    本気で取り組める環境作りが大事/中国文学科 槌屋大河
    東京都 特別支援学校
    「なりたい!」という強い気持ちを持って/国文学科 浦郷こずえ
    東京都 小学校
    同じ志を持った仲間の存在が励みに/国文学科 遠藤智輝
  • 平成25年度 二松學舍大学教育研究大会開催
    講演会報告/二松學舍大学附属高等学校 教諭 相良恭子
    分科会報告(小学校の部)/埼玉県北本市立中丸東小学校 教諭 前島利彦
    分科会報告(中学校の部)/東京都清瀬市立清瀬第五中学校 主幹教諭 乙幡英剛
    分科会報告(高等学校の部)/神奈川県立湘南高等学校 教諭 相原健右
  • 新任教師奮闘記(4)
    • 埼玉県越谷市立蒲生南小学校 教諭 宮田知子

教職支援センターだより 第6号(平成24年12月刊)

発行日 平成24年12月10日
体  裁 A4版 10ページ
主な記事
  • 本年度の教員採用試験を振り返って
    教職支援センター長 大栁勇治
  • 本学学生が受験(合格)した地域の教員採用試験実施内容
  • 紙上座談会 平成25年度公立学校教員採用試験(平成24年夏実施) 合格体験を語る
  • 第18回 平成24年度二松學舍大学教育研究大会開催
    講演会報告
    二松學舍大学文学部非常勤講師・秀明英光高等学校 講師 塩島 翔
    分科会報告(小学校の部)
    埼玉県久喜市立菖蒲小学校 校長 青木 一弥
    分科会報告(中学校の部)
    二松學舍大学文学部非常勤講師・秀明英光高等学校 講師 塩島 翔
    分科会報告(高等学校の部)
    立正中学高等学校 教諭 三好 行雄
  • 新任教師奮闘記(3)
    感謝の気持ちを持って全力で
    茨城県土浦市立都和中学校教諭 村崎理恵

教職支援センターだより 第5号

発行日 平成24年6月30日
体  裁 A4版 8ページ
主な記事
  • 教職支援センターと教職課程の効果的連携による教員養成
    ―学校現場の求める実践的な教員を目指して―
    教職支援センター長 大栁勇治
  • 特集 平成23年度教員採用試験合格体験記
    出題傾向の把握と毎日の勉強の積み重ね
    埼玉県立久喜高等学校教諭 浅見祐希
    普段の授業をしっかり受けることが一番
    東京都立神代高等学校教諭 佐藤由香里
    採用試験対策は視野を広くして取り組む
    東京都立葛飾総合高等学校教諭 高橋明宏
    教職教養科目は徹底した復習が結果に
    東京都台東区立浅草中学校教諭 西村光希
    面接対策には情報収集量がものを言う
    神奈川県茅ケ崎市立中島中学校教諭 菅又 茜
    勉強してきたことに自信を持って試験に挑む
    千葉県野田市立宮崎小学校教諭 菅野早也香
    過去問や授業で学んだ内容の復習に専念
    千葉県立土気高等学校教諭 久保恵美子
  • 今夏、教育研究大会の開催を計画
  • 新任教師奮闘記(2)
    生徒から学び、ともに成長
    千葉県柏市立松葉中学校教諭 堀越玲央
  • 平成25年度教員採用試験情報

教職支援センターだより 第4号

発行日 平成23年10月20日
体  裁 A4版 8ページ
主な記事
  • 教員採用の動向と学校の現況 ―社会の雇用情勢の厳しさを反映して―
    教職課程・特別招聘教授 大栁勇治
  • 特集 教育実習体験記
    自分を語ることが生徒との連携の鍵
    桂 太朗
    人間関係の難しさを実感した実習
    田村紗雪
    課題を克服して授業展開にも余裕が
    吉原 翼
    生徒に積極的に関わることで良い結果を
    渡邊憲一朗
    学校長の言葉が実習の励みに
    西村光希
    生徒達に何度も救われた教壇実習
    重松慈子
    積極的な授業見学と生徒への気配り
    横松裕希
    授業の準備が教壇実習の結果に
    佐藤真一
  • 介護等体験を終えて
    声かけが信頼関係を築くための基本
    渡辺あきほ
    出会いの尊さを実感した介護体験
    山口 祐
    コミュニケーションの難しさと大切さを知る
    倉下杜之
  • 新任教師奮闘記(1)
    教師になって本当に良かった!
    東京都立武蔵丘高等学校教諭 長島さおり

教職支援センターだより 第3号

発行日 2011年3月25日
体  裁 A4版 8ページ
主な記事
  • 教職支援センター発足の一年を振り返って
    教職支援センター長 松葉幸男
    千葉県・小学校
    悔いのない時間を過ごすことが大切/飯島 愛
    埼玉県・小学校
    努力は決して人を裏切らない/新井結衣
    千葉県・中学校
    基礎的な学習の繰り返しが決め手/松野大道
    千葉県・中学校
    教員採用試験の受験で得たこと/佐藤真以
    千葉県・中学校
    根気良く勉強したことが結果に/渡辺 彩
    千葉県・中学校
    時間を有効に使うことが重要/石川 桂
    千葉県・高等学校
    合格講座で基礎を徹底的に勉強/小林加代子
    千葉県・高等学校
    子供たちをよく知ることが鍵/成毛麻衣
    埼玉県・高等学校
    合理的な勉強方法が結果に繋がる/川﨑千尋
  • 松韻
    学生との相互協力で成果は挙げ得た
    二松学舎大学 名誉教授 久保田美年子

教職支援センターだより 第2号

発行日 2010年12月10日
体  裁 A4版 6ページ
主な記事
  • 平成22年度 第17回 二松學舍大学教育研究大会開催
    -小・中・高等学校の現場教員・学生等が参加して盛会に-
    小学生の部 実践発表の概要
    豊かな表現力を育む国語科学習 -書く力を伸ばす学習の工夫と改善-
    桶川市立朝日小学校 教諭 前島利彦
    分科会報告
    新座市立野寺小学校 校長 児玉裕子
    中学生の部 実践発表の概要
    古典に親しむ授業作り -和歌に秘められた想い・29のメッセージ-
    千葉市立高洲第二中学校 教諭 菊池麻里
    分科会報告
    立正中学・高等学校 教諭 三好行雄
    高等学校の部 実践発表の概要
    考える力を養う授業展開 -自分で考え、自分の言葉で相手に伝える力-
    千葉県立野田中央高等学校 教諭 宇野弘子
    分科会報告
    二松学舎大学附属高等学校 副校長 椎木伸治
    第17回教育研究大会を終了して
    講演「ここが変だよ日本の学校-教師が変われば生徒も変わる」を中心に
    秀明英光高等学校 講師 塩島 翔
  • 松韻
    「書道コースあれこれ」
    二松学舎大学 名誉教授  難波正久

教職支援センターだより 創刊号

発行日 2010年6月1日
体  裁 A4版 4ページ
主な記事
  • 教育支援センターの出発に当たって
    教職支援センター長 松葉 幸男
  • 平成22年度 第17回 二松學舍大学教育研究大会
  • 平成22年度 国語教育研修会 開催について
  • 平成22年度 教職支援センター センター構成員
  • 大学生・高校生漢詩コンクール開催!
  

教育開發だより第17号

発行日 2010年3月24日
体  裁 A4版 4ページ
主な記事
  • 教育開発センターから教育支援センターへ
    教育開発センター長 松葉 幸男
  • 教員採用試験に合格して/堀越 玲央
  • 平成22年度 国語教育研修会 開催について
  • 二松學舍大学教員免許状更新講習のご案内

教育開發だより第16号

発行日 2009年12月20日
体  裁 A4版 16ページ
主な記事
  • 第16回教育研究大会開催
    基調講演「新学習指導要領が目指すもの-言語活動の充実を中心に-」
    二松學舍大学教育研究大会第16回大会報告
    • 分科会A「学級崩壊」/菖蒲町教育委員会主席指導主事 青木 一弥
    • 分科会B「保護者との連携」/二松學舍大学教授 大栁 勇治
    • 分科会C「いじめ」/科学技術学園高等学校講師 渡辺 大雄
    • 分科会D「不登校」/川口市立芝西小学校校長 佐藤 修
    講演「社会力を育てることこそ急務」について
    • 二松學舍大学教育開発センター長 松葉 幸男
  • 国語教育研修会開催
  • 平成20年度教育開発センター客員研究員研究成果報告
    「確かさ」と「豊かさ」を両立させる小説指導の研究
    -文学と教育学とを融合した「こころ」の指導を目指して-
    千葉県立千葉大宮高等学校教諭 吉田 茂樹
    高等学校「現代文」における翻訳作品の教材化に関する研究
    • 神奈川県立旭陵高等学校総括教員 神谷 光信
  • 研究課題募集
  • 松韻
    卒業生の飛躍を!
    二松學舍大学名誉教授 松田 存
  • 編集後記

教育開發だより第15号

発行日 2009年6月5日
体  裁 A4版 4ページ
主な記事
  • 教育開発センター長就任のごあいさつ
    教育開発センター長 松葉幸男
  • 平成21年度 第16回 二松學舍大学教育研究大会
  • 平成21年度 国語教育研修会開催について
  • 高校生・大学生漢詩コンクール開催

教育開發だより第14号

発行日 2009年3月24日
体  裁 A4版 4ページ
主な記事
  • 二松學舍大学卒業小中学校教員との懇談会
    教育開発センター長 大地 武雄
  • 教員採用試験に合格して/吉野 はるな
  • 教員生活への抱負/榊原 まとみ
  • 平成21年度 国語教育研修会 開催について
  • 研究課題募集
  • 二松學舍大学教員免許状更新講習のご案内

教育開發だより第13号

発行日 2008年12月1日
体  裁 A4版 4ページ
主な記事
  • 第15回二松學舍大学教育研究大会開催
    教育研究大会記念講演会
    各分科会報告
  • 国語教育研修会開催
  • 教育開発センター客員研究員研究課題募集
  • 平成19年度教育開発センター客員研究員研究成果報告
    「書くこと」における支援の再検討
    千葉県立千葉大宮高等学校教諭 吉田茂樹
    高等学校「現代文」における翻訳作品の教材化に関する研究
    神奈川県立横浜旭陵高等学校総括教諭 神谷光信
    王羲之蘭亭序研究-北京故宮 書の名宝展-
    立正中学・高等学校教諭 梅田克彦
    アニメーションの教材化
    横浜雙葉中学・高等学校教諭 田中栄一郎
  • 松韻「教うるは学ぶの半ば」
    本学名誉教授 橋本栄治
  • 教員免許状更新講習の開設へ

教育開發だより第12号

発行日 2008年5月31日
体  裁 A4版 4ページ
主な記事
  • 今年度事業について/教育開発センター長 大地武雄
  • 平成20年度 第15回 二松學舍大学教育研究大会
  • 平成20年度 国語教育研修会開催内容決定
  • 高校生・大学生漢詩コンクール開催
  • 平成20年度 教育開発センター構成員

教育開發だより第11号

発行日 2008年2月15日
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 第十四回教育研究大会開催/多様化する教育問題に着手
  • 大会発表者要旨
    「聞く力」を養成するための国語科指導のあり方
    -生徒の言語生活の質を高める学習活動を通して-
    千葉市立犢橋中学校 教諭 柴崎 淳
    「書くこと」における支援の再検討
    -教師と生徒の〈対話〉の過程に着目して-
    千葉県立千葉大宮高等学校 教諭 吉田 茂樹
  • 各分科会報告
    分科会A「現代文」/二松學舍大学非常勤講師 岡山 美樹
    分科会B「古典」/千葉県立千葉商業高等学校教諭 辻 将一
    分科会C「いじめ」/二松學舍大学教職課程長 小渕 朝男
    分科会D「不登校」/川口市立芝西小学校校長 佐藤 修
    分科会E「学級崩壊」/北本市教育委員会教育部長 町田 哲夫
  • 教育研究大会に参加して
    文学部国文学科四年 平松 菜穂子
    文学部国文学科二年 上田 圭輔
  • 教員採用試験合格者の声
    教員採用試験を終えて/国際政治経済学部卒業 中村 勇輝
    教員採用試験を終えて/文学部国文学科四年 藤田 洋子
    教員生活への抱負/文学部中国文学科四年 青柳 順子
  • 松韻
    「新米教師」
    元大阪府立八尾東高等学校校長 末吉 榮三
  • 学芸員課程設置
  • 研究課題募集

教育開發だより第10号

発行日 2007年10月1日
体  裁 A4版 8ページ
主な記事
  • 今、教育現場が求める教師とは/ 教育開発センター長 大地武雄
  • 国語教育研修会
  • 千葉県柏市教職員国語研修講座開催
  • 本学卒業高等学校長との懇談会開催
  • 本学卒業小中学校教員との懇談会開催
  • 「平成18年度文部科学大臣優秀教員表彰」を受賞して
    千葉県立旭農業高等学校教諭 前田康晴
    指導主事の独り言
    千葉市立山王中学校長 中村市宣
    「安藤先生!」の声に
    文学部国文学科 安藤瑞穂
  • 第14回二松学舎大学教育研究大会
  • 平成19年度教育開発センター構成員

教育開發だより第9号

発行日 2007年3月25日
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 第十三回教育研究大会開催/充実した教育実践報告
  • 大会発表要旨
    公開研究授業を終えて
    二松学舎大学附属高等学校教諭 戸井田晃尚
    「思考の方法」を重視して書けない生徒をなくす指導法の工夫
    八王子市立石川中学校主幹 牧内隆則
    「読書の時間」についての実践
    神奈川県立大和西高等学校教諭 百木彰
  • 北から南から
    “プロの教師をめざせ”
    鳥取県立米子高等学校長 小谷章公
    言葉の乱れと語彙力の低下について
    元埼玉県白岡町立篠津小学校校長 山中詔八
  • 教員奮闘記
    ともに学ぶ
    新潟県魚沼市立入広瀬中学校教諭 大塚賢一
  • 教育実習体験記
    教員採用試験を終えて
    文学部国文学科 大宮悠花
    教員生活への抱負
    文学部国文学科 今関早苗
    教育実習を終えて
    文学部国文学科 黒澤真知子
  • 読売教育賞受賞「大学と連携した教育相談~対応から予防への4年間~」
    埼玉県教育局南部教育事務所教育支援担当指導主事 児玉裕子
  • 柏市内の中学生本学見学
    • 柏市立柏中学校生徒、「総合的な学習」で
    • 柏市立逆井中学校生徒、「上級校訪問」で
  • 柏市立第二小学校で「楽しい漢字学習」講演
  • 研究課題募集
  • 松韻
    「記門の学」
    二松学舎大学名誉教授 青山忠一
  • 二松学舎大学 PC講習会開催
  • 第14回二松学舎大学教育研究大会

教育開發だより第8号

発行日 2006年10月2日
体  裁 A4版 6ページ
主な記事
  • 教育開発センターの活動について/センター長 大地 武雄
  • 国語教育研修会開催
  • 千葉県柏市教職員国語研修講座開催
  • 教職課程希望学生対象 OB 教員講演会
  • 本学卒業高等学校長との懇談会開催
  • 本学卒業首都圏小・中学校長等との懇談会開催
  • FD 講演会
  • 高校生・大学生漢詩コンクール実施
  • 平成 18 年度 教育開発センター構成員

教育開發だより第7号

発行日 2006年3月20日
体  裁 A4版 6ページ
主な記事
  • 中学校・高等学校における古典教育の研究-「学び方」として学校間連携-
    長野県野沢南高等学校 杉村修一
  • 教員生活への抱負/文学部四年 梶原明日馨
  • 大妻女子大学と相互交流協定を締結
  • 玉川大学との連携について-小学校教員養成特別プログラムに関する協定-
  • 「国語教育プログラム」を開設-現職教員のキャリアアップをサポート-
  • 「科目等履修生」制度の優遇措置について
  • 千葉県柏市教育委員会と連携-教員研修事業の展開について-
  • FD講演会
  • 大学教員対象PC講習会開催
    -大学教員の授業内容・方法等の改善(FD活動)の一環として
  • 大学資料展示室ご案内
  • 教育開発センター長の交替

教育開發だより第6号

発行日 2005年10月5日
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 第十二回教育研究大会開催/全国各地から柏キャンパスに集う
  • 大会発表要旨
    「書くこと」の領域における指導と評価のあり方
    -評価結果を生かした効果的な指導の工夫について-
    東京都北区立豊島北中学校主幹 秦 典正
    個に応じた指導法の工夫-少人数学習集団による指導法の実践報告-
    東京都杉並区立神明中学校 大野ゆきみ
    総合学科高校における教育実践
    福岡県立ありあけ新世高等学校 田口博信
    漢詩に描かれた心情を表現に即して読み味わわせる指導
    -古典学習の入門期において-
    鹿児島県立栗野工業高等学校 鮫島 裕之
  • 北から南から
    薩摩半島南端にある水産高校
    鹿児島県立鹿児島水産高等学校校長 橋口正司
  • 埼玉県北本市立西中学校本学訪問-中学校生徒の大学見学と模擬授業を実施-
  • 本学卒業高等学校長との懇談会開催
  • PCによる漢文教材作成講習会
  • 松韻
    蓼科洗心寮
    二松学舎大学名誉教授 雨海博洋
  • 寄贈教育実践資料
  • 近況報告等のお願い

教育開發だより第5号

発行日 2005年1月20日
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 第十一回教育研究大会開催/全国各地から新九段キャンパスに集う
  • 「折」と和歌―平安時代における和歌の表現―(要旨)
    • 前都留文科大学長 久保木哲夫
  • 教育実践報告要旨
    表現意欲を喚起し発想を豊にする国語科指導法の工夫
    ―「連携」をひとつの着眼点として―
    宮城県鳴子町立鬼首中学校教諭 高橋雅彦
    日本語教室の子供たち―母国と日本の挟間で―
    東京都葛飾区立堀切中学校教諭 松平隆子
    女子高校生における言語意識の変化について
    武蔵野短期大学幼児教育学科専任講師 三好行雄
    収集した知識からあらたな情報をつくり、分かりやすく相手に発信する力を高める指導
    ―「奄美の言葉」というテーマで報告文を書く学習を通して―
    鹿児島県立大島高等学校 教諭 宮原義文
    よみ・かきは国語の地力―よみとり、かきとる作業学習をやらせよう―
    元埼玉県立三郷高等学校長 清水忠
  • 北から南から
    • 町にある小さな県立高等学校/青森県立平内高等学校長 目時捷三
  • 寄稿 神無月の語源/名誉教授 菅根順之
  • 松韻
    国語教育に対する一考察 有名な文章は暗記して覚えよう
    教授 緑川佑介
  • 卒業生小・中・高等学校教員消息
  • 教職課程履修学生対象講演会
  • PCによる漢文教材作成講習会
  • FD講演会
  • 平成17年度二松學舍大学教育研究大会

教育開發だより第4号

発行日 2004年8月20日
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 初等中等教育の課題と展望―「人間力向上」を目指して―
    国立教育政策研究所教育課程調査官・文部科学省教科調査官 西辻正副
  • 大会を迎えるにあたって/センター長 教授 吉崎一衛
  • 北から南から
    • 私の望む教師像/石川県立金沢北陵高等学校長 洞庭昭彦
    • 統廃合で最後の入学式/鹿児島県立長島高等学校長 松元洋一
  • 「教員採用試験直前講習」要旨
    埼玉県北本市立西中学校長 町田哲夫
  • 新任教員の奮戦記
    • 教えることの不安と自負/秋田県立大曲高等学校教諭 松江正彦
    • 「わかる授業」の実践/青森県立青森戸山高等学校教諭 木村仁美
    • 子どもたちとともに・・・/群馬県高崎市立倉賀野小学校教諭 久下亘
  • 教育実習生の実習体験記
    • 教育実習を行って/文学部4年 山崎満州男
    • 教育実習を終えて/文学部4年 河合学生
    • 私の教育実習―子どもたちから学ぶ/国際政治経済学部4年 前島利彦
  • 松韻
    教育実習つれづれ
    教授 松田存
  • 卒業生小・中・高等学校教員消息
  • 二松学舎大学教育開発センター役員名簿

教育開發だより第3号

発行日 2003年12月1日
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 教育研究大会開催/馳浩氏の講演と教育実践報告
  • 『文学と政治と教育』/衆議院議員・プロレスラー 馳浩
  • 図書館所蔵貴重書展
  • 文学散歩
  • 教育実践報告要旨
    中学古典における総合的な学習の取り組み
    桜美林中学・高等学校講師 児玉里麻
    古典における評価の方法と実践~伝え合う能力の育成を中心として~
    昭島市立清泉中学校教諭 乙幡英剛
    生徒を主体とする国語科授業の意義と実践
    市川中学・高等学校講師 木津奈々江
    白文訓読の基礎から応用まで
    学校法人河合塾講師 行木康夫
  • 本校における総合的な学習の計画と実践について
    秋田県 雄物川中学校校長 小田嶋祥夫
  • 「二松學舍大学千葉県教職員の会」発足
  • 卒業生教職員名簿を発行
  • 寄贈図書/寄贈教育実践資料
    『土佐日記』存疑「くちあみ」
    教授菅根順之
    九段新校舎威容を現わす
    来年二月竣工めざし建築順調
  • FD講演会開催
  • 第3回二松學舍大学教育研究大会

教育開發だより第2号

発行日 2003年8月20日
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 最近の教育の動き―新教育課程について―/二松学舎大学教授 溝口貞彦
  • 北から南から―教員採用試験について―/元北海道立静内高等学校校長 松倉洋夫
  • 新任教員の奮戦記
    輝く笑顔に支えられて
    星美学園小学校教諭 木村秋津
    夢への第一歩
    城西大学附属川越高等学校非常勤講師 市川彩
    教員生活を始めて
    長野県立軽井沢高等学校教諭 成田憲彰
  • 教育実習生の実習体験記
    生徒と通じあえた貴重な日々
    文学部四年 秋谷純子
    不安と期待を胸に母校の高校へ
    文学部四年 表美穂
    自分にとっての教育実習
    文学部四年 及川崇
  • 卒業生高等学校校長との懇談会
  • 野良犬クロ、銀幕でも癒す/2003年6月16日付朝日新聞(夕刊)転載記事

教育開發だより創刊号

発行日 2003年3月20日
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 第一回大会盛況裏に終わる
  • 旗幟を高く掲げて/学長 石川忠久
  • センターの事業について/センター長 教授 菅根順之
  • 講演要旨
    『風と共に去りぬ』と『夜明け前』
    元二松學舍大学教授 剣持武彦
  • 研究発表要旨
    千葉県道徳教育について
    大網白里町立増穂中学校教諭 岡安祐一
    「総合的な学習の時間の運営」「生徒自ら学習改善を行うための評価」
    ―生徒に還元できる通知票の評価を中心として―
    千葉市立打瀬中学校教諭 屋代健治
    「総合的な学習の時間」への取り組み
    青森県立黒石高等学校教諭 小田桐朝子
    古作文の技法
    京華中学・高等学校教諭 齋藤祐一
  • 情報交換会発表要旨
    国語教育のためのWeb用教材開発と授業の実践
    ―学習支援教材としてのコンピュータと生涯学習力育成への試み―
    茨城県立古河第三高等学校教諭 石塚照美
    東京都の高等学校芸術家書道の現状について
    東京都立志村高等学校教諭 島田喜一
  • 教育現場からの報告
    「子どもが変わる、先生が変わる、地域が変わる」 地域と連携し、地域の教育力を生かす教育活
    新座市立東野小学校校長 金子広志
  • 平成14年度二松學舍大学教育研究大会参加現職教員
  • 白樺派のコロニー我孫子 沼南開催は見学のチャンスです/中村市宣
  • 第2回二松學舍大学教育研究大会

二松學舍大學教育研究會會報第8号

発行日 2002年3月31日
体  裁 A4版 4ページ
主な記事
  • 教育研究会から教育開発センターへ
    教育研究会会長 木村誠次
  • 平成13年度教育研究大会開催
    九段校舎ともお別れ 三名誉教授思い出を語る
  • 研究発表要旨
    「話し方教育における発表方法の構成について」
    東京都昭島市立清泉中学校 乙幡英剛
    「ことわざ」を使用語彙として定着させる試み
    千葉県立浦安南高等学校 吉田茂樹
    現代語訳のない授業 ―文法概念の見直しと実践―
    横浜商科大学高等学校 ニ方久文

二松學舍大學教育研究會會報第7号

発行日 2001年3月25日
体  裁 A4版 10ページ
主な記事
  • 平成12年度二松学舎大学教育研究会大会
  • 講演要旨
    キレル子供 その実態と対応の仕方/日本大学名誉教授 木村政男
  • 研究発表要旨
    中学一・二年を中心とした漢字指導
    広島県私立修道中学校・高等学校教諭 大成浩二
    言語認識の深化・拡充をめざす国語教育
    香川大学教育学部附属坂出中学校 佐藤宏一
    選択科目における講座制の特色
    科学技術学園高等学校講師 渡辺大雄
    入試問題を生かした教材研究
    二松学舎大学附属高等学校 戸張誠
    表現内容を深化させ論理的思考力を鍛える意見・論説文指導
    私立鹿児島実業高等学校教諭 南田和博
  • 投稿
    • 漢詩を共感的に読み味わわせる試み/吉田茂樹
  • 平成十三年度役員選挙について(案)

二松學舍大學教育研究會會報第6号

発行日 2000年3月25日
体  裁 A4版 8ページ
主な記事
  • 研鑽成果の発表 第六回教育研究会大会開催
  • 講演要旨
    教育課程審議会の答申経過報告 これからの国語教育について
    二松学舎大学附属沼南高校 校長 緑川佑介
  • 研究発表要旨
    古典は宇宙語!? ―苦手意識を取り除くために―
    聖望学園高等学校講師 千代田みゆき
    図書館の利用と読書指導
    千葉聖心高等学校教諭 南波省吾
    入門期の古典学習
    白岡町立南中学校教諭 青木一弥
  • 日本縦断講演会「日本の漢字文化」
  • 二松学舎大学教育研究会会則/平成十二年度役員一覧

二松學舍大學教育研究會會報第5号

発行日 1998年8月1日
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 研修成果実る 第四回教育研究会大会
  • 講演会
    枕草子をめぐって ―中宮定子と清少納言―
    前二松学舎大学長 雨海博洋
    創造の「読み」 ―読書行為をひらく文学の授業―
    東京学芸大学名誉教授 田近洵一
  • 研究発表会
    • 第一部会(中学校)
    • 第二部会(高等学校)
  • 大学は、今……。 大学の大衆化時代に向けて/学長 清水義昭
  • 教育研究会の今後のあり方 会員一丸となって/会長 木村誠次
  • 教育実習を終えて
    授業を楽しく
    文学部国文学科四年 市川祐樹
    生徒が主役
    文学部国文学科四年 陶山佳子
    挨拶の励行
    文学部国文学科四年 齋藤真希
  • 平成十年度事業計画の概要
  • 二松学舎大学教育研究会会則/平成十年度役員一覧
  • 活動報告
  • 大学通信

二松學舍大學教育研究會會報第4号

発行日 1997年6月1日
体  裁 A4版 12ページ
主な記事
  • 全国各地から集う 第二回大会終える
  • 講演会
    唐誌の魅力
    二松学舎大学教授 石川忠久
    言葉の学び手を育む国語教育の展開
    文部省教科調査官 相澤秀夫
  • 研究会発表
    • 第一部会(高等学校)
    • 第二部会(中学校)
    • アンケートから(抄)
  • 教育現場からの報告
    私なりに心がけていること
    神奈川県立秦野曽屋高等学校 岩田恭行(48回卒)
    生徒主体の授業をめざして
    鹿児島県立奄美高等学校 阿多威文(55回卒)
    本校の取り組みから
    埼玉県八潮市立八潮中学校/小口恵子(55回卒)
  • 教育界の今後の展望
    「生きる力」を育む/二松学舎大学附属高等学校長 顧問 大山德高(36回卒)
  • 平成九年度事業計画の概要
  • 中国研修旅行 ―古都西安と洛陽の旅―
  • 二松学舎大学教育研究会会則/平成九年度役員一覧
  • 活動報告
  • 大学通信

二松學舍大學教育研究會會報第3号

発行日 1996年6月1日
体  裁 A4判 12ページ
主な記事
  • 最近の教育界の動向 ―教育の現代化に寄せて―/溝口貞彦本学教授
  • 平成八年度二松学舎大学教育研究会大会
  • 平成9年度実施予定の漢文教材臨地研修旅行案内
  • 教育現場からの報告
    いかに学ばせるか
    東京都東大和市立第三中学校 武田一教(50回卒)
    新学力観による「表現」と「理解」 領域の指導と評価の工夫
    岐阜県立羽島北高等学校 足立元一(48回卒)
    平成教育雑感
    宮城県立石巻高等学校 川村鉄哉(58回卒)
    漱石書簡の魅力
    群馬女子短期大学 斎藤順二(院11回修)
  • 今後の研究課題
    前田夕暮と二松学舎
    城西大学川越高等学校 木村誠次(39回卒)
  • 研究発表
    在外教育施設における現地理解教育 ―台北日本人学校での実践を通して―
    小林智明(53回卒)
  • 平成八年度事業計画概要
  • 二松学舎大学教育研究会会則
    • 平成八年度役員一覧(案)
  • 活動報告
  • 大学通信

二松學舍大學教育研究會會報第2号

発行日 1995年10月31日
体  裁 A4判 12ページ
主な記事
  • 第1回大会盛況裏に終了
  • 講演会
    国語教育における評論文 ―評論家の立場から―
    二松学舎大学名誉教授 佐古純一郎
    国語教育とデータベース
    国立教育研究所教科教育研究部 国語教育研究室長 有元秀文
  • 研究発表会
    • 第一部会(高等学校)
    • 第二部会(中学校・小学校)
    • 第三部会(書道)
  • 教育現場からの報告
    『高校生の学術調査参加』~大学との連携の試み~
    神奈川県立上溝南高等学校 斎藤一美(47回卒)
    「三手」の人為
    中央学院高等学校 小川幸枝(26回卒)
    君若き祈り何をか……
    埼玉県立秩父東高等学校 倉林初男(40回卒)
  • 教育界の今後の展望
    パソコンと教育
    東京都立光丘高等学校長 緑川佑介(28回卒)
  • 研究発表
    選択教科「国語」―教えるから学ぶへ―
    埼玉県八潮市八幡中学校 遠藤淳一(40回卒)
  • 平成八年度事業計画の概要
  • 二松学舎大学教育研究会会則/役員一覧
  • 活動報告
  • 大学通信

二松學舍大學教育研究會會報第1号

発行日 1995年3月31日
体  裁 A4判 12ページ
主な記事
  • 設立総会盛大に開催される
  • 発会を祝う
    理事長 佐佐木鍾三郎
  • 発足に際して
    学長 雨海博洋
  • 会長に就任して
    会長 大山德高
  • 記念講演会開催
  • 設立までの経過報告
  • 二松学舎大学教育研究会会則/役員一覧
  • 平成七年度事業計画の概要
  • 教育界の今後の展望
    国語教育・今後の展望と課題
    千葉市教育委員会 中村市宣(40回卒)
  • 研究発表
    道徳教育は今……
    石川県鶴来町立北辰中学校 白木みどり(49回卒)
    国語教育の今後の展望 ―授業改善を通して―
    埼玉県栗橋町立栗橋東中学校 堂本隆春(49回卒)
  • 教育現場からの報告
    生徒は“花”
    茨城県立石下高等学校 斉藤真弓(56回卒)
    絆 ―日々こそがこれ修養―
    私立上宮太子高等学校講師 末吉榮三(専12回卒)
    実践を通して
    鹿児島実業高等学校 南田和博(48回卒)
    教職十二年を振り返って
    千葉県白井町立七次台中学校 清水秀行(51回卒)
  • 大学通信