就職・キャリア

キャリアセンターの役割

  • 一人ひとりが希望する進路(企業就職・教員・公務員・進学など)の実現を支援する部署であり、社会人として社会に通用する人間力を育てる支援をしています。
  • キャリア教育(正課授業)と就職特別講座(キャリアセンター支援行事)を通じて、将来を見据えた自分自身の人生計画を描き、自己成長する指導をしています。
  • 二松學舍大学では、小規模大学だからこそできるきめ細かいサポートを行っています。
  • 「顔が見える」指導と支援で、学生一人ひとりが希望する進路の実現を目指します。
  • キャリアセンターでは、就職を希望する学生に対して、個別に対応しています。
  • 就職相談や様々な就職関連の行事を通して支援を行っています。これは、職業安定法第33条の2項による「学校等の行う無料職業紹介事業」に基づき、大学が厚生労働大臣にその旨を届け出た上で行っている支援です。
  • 現在行っているキャリアセンターの主な業務内容は、学生の就職相談、進路調査、企業からの求人受付と公開・管理、企業の開拓と求人依頼、企業セミナーや各種講座など就職支援資料の収集などです。

キャリアセンターの基本方針

  • <希望の進路実現に向けて、徹底的に面倒を見ます>

    <学生一人ひとりの顔が見える指導と支援をします>

    1. 正課課目「キャリアデザイン」「キャリア教育」との連携
    2. 一貫性のある進路指導
    3. 父母との連携と協力体制
    4. 厳しさと優しさで、粘り強い学生を育てる指導と支援
    5. 全教職員との密接な連携

キャリアセンターは、「創造力」と「忍耐力」のある人材育成を目指します

  • 「キャリア教育」を実現させ、社会のニーズに即した人材を育成します。
  • 1年次から4年間を通したキャリア支援プログラムでは、就職(就労)意識の啓蒙を行います。
  • 就職活動や進学に関する資料として、「就職対策本」「就職情報誌」「企業情報」「求人票ファイル」「公務員試験問題集」「年度別内定報告書」等の開架や求人情報を公開することにより、進路決定までの支援を粘り強く行います。