学部・大学院

文学部 国文学科 教授 : 山口 直孝 (やまぐち・ただよし) YAMAGUCHI Tadayoshi

最終学歴 関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程日本文学専攻単位取得済満期退学
学位 博士(文学)(関西学院大学)
専門分野 近代日本語文芸
最近の研究課題
  1. (1)「私小説」概念の近松秋江・志賀直哉における受容と創作の展開の分析
  2. (2)大西巨人を中心とする1960年代の新日本文学会の活動の検証
  3. (3)横溝正史文芸の展開相の把握
主な研究活動

主な業績

《著書》

  • 『『坊っちゃん』事典』(佐藤裕子・増田裕美子・増満圭子との共編著、勉誠出版、2014年10月)
  • 『「私」を語る小説の誕生――近松秋江・志賀直哉の出発期』(単著、翰林書房、2011年3月)
  • 『横溝正史研究』1~5(江藤茂博・浜田知明との共編著、戎光祥出版、2009年4月~2013年3月)

《論文ほか》

  • 内破のコミュニズム――大西巨人『神聖喜劇』の基底思考(『社会評論』179、2015年1月)
  • 疾走する「たわぶれ心」――大西巨人におけるフモールの展開(『大西巨人 抒情と革命』〔河出書房新社、2014年6月〕所収)
  • 大西巨人の文芸観――初期批評の軌跡(『日本文芸学』50、2014年3月)
  • 「「探偵小説」の現在との接続――円本時代における「文学全集」概念の変容」(庄司達也・中沢弥・山岸郁子編『改造社のメディア戦略』〔双文社出版、2013年12月〕所収)
主な活動
  • (1)二松学舎大学・世田谷文学館所蔵の横溝正史旧蔵資料の調査
  • (2)大西巨人蔵書の調査および文学芸術運動関係者への聞き取り調査
所属学会
日本文芸学会、日本近代文学会、昭和文学会、日本文学協会、日本社会文学会、有島武郎研究会、横光利一文学会
担当科目名 ゼミナールⅠ
ゼミナールⅡ