学部・大学院

文学部 中国文学科 教授 : 髙澤 浩一 (たかざわ・こういち) TAKAZAWA Kouichi

最終学歴 二松学舎大学大学院文学研究科中国学専攻修士課程修了
学位 文学修士(二松学舎大学)
専門分野 中国書道史、書道実技
最近の研究課題 中国漢代の公用書体であった隷書が、いかなる経緯のもとに草体、行体へと変化していったのか、といった漢字書の変遷史。
主な研究活動 主な業績
著書
  • 王文治の書法鑑賞観―王義之帖題跋を中心として―(浦野俊則退職記念望岳室古文字書法論集、2006年2月)
  • 東方朔画賛碑(単著、天来書院、2011年3月)
  • 近出殷周金文考釈第1集(単著、研文出版、2012年3月)
  • 近出殷周金文考釈 第二集(単著、研文出版、2013年3月)
  • 近出殷周金文考釈 第三集(単著、研文出版、2014年3月)
  • 近出殷周金文考釈 第四集(単著、研文出版、2015年3月)
  • 中国学入門(共著、勉誠出版、2015年4月)
  • 三輪田米山魂の書(単著、芸術新聞社、2016年11月)
学術論文
  • 何君閣道摩崖の書―四川省に見る一形態―(書学書道史学会編書学書道史研究17号、2007年11月)
作品
  • 孤雲獨去閑(軸装)(2012年1月 第30回俟清社書展)
  • 臨・興福寺碑(軸装)(2012年7月 金文会書展作品集)
  • 王文治跋(軸装)(2012年7月 金文会書展作品集)
  • 和光同塵(額装)(2012年7月 金文会書展作品集)
  • 高風(額装)(2012年7月 金文会書展作品集)
  • 王文治詩(2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • 色則是空(2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • 照和省風(2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • 林則徐・聯語(2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • 世遠山神(2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • バッタや飛びなおしても元の枝 (2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • 瘦影在窓梅得月(2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • 看雲竒似畫・聴水韻千琴(2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • 無為自然(2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • 杜牧・秋夕詩(2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • 雪華(2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • 狐雲獨去閉(2013年12月 髙澤浩一・福島一浩作品展)
  • 金聲而玉振(2015年5月 第1回和漢書道会展)
  • 関羽之語(2015年5月 第1回和漢書道会展)
  • 萬年寿(2016年5月 第2回和漢書道会展)
  • 王文治詩(2016年5月 第2回和漢書道会展)
主な活動

殷周金文考釈の研究

所属学会

書学書道史学会・俟清社、全国大学書道学会、全国大学漢文教育学会

その他

髙澤大逸書作展(個展)東京銀座鳩居堂にて平成22年5月開催
髙澤浩一・福島一浩書作展(二人展)東京銀座鳩居堂にて平成25年12月開催

担当科目名
  • ゼミナールⅠ
  • ゼミナールⅡ
  • 基礎ゼミナール(中文)
  • 行書の古典①A
  • 行書の古典①B
  • 書道科教育法A
  • 書道科教育法B
  • 書道作品制作③(漢字の書1)A
  • 書道作品制作③(漢字の書1)B