学部・大学院

文学部 国文学科 特別招聘教授 : 多田 一臣 (ただ・かずおみ) TADA Kazuomi

最終学歴 東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専門課程修士課程修了
学位 博士(文学)(東京大学)
専門分野 日本古代文学・日本古代文化論
最近の研究課題 『万葉集』の語彙について語誌的研究を進めるとともに、柿本人麻呂の評伝の作成、また『古事記』の注釈的研究を同時に行っている。いずれも数年以内に成果を刊行する予定。
主な研究活動

主な業績

《著書》

  • 『『古事記』と『万葉集』』(単著、放送大学教育振興会、2015年3月)
  • 『万葉語誌』(編著、筑摩書房、2014年8月)
  • 『古代文学の世界像』(単著、岩波書店、2013年3月)
  • 『万葉集全解1~7』(単著、筑摩書房、2009年3月~2010年3月)
  • 『日本の古典―古代編』(共著、放送大学教育振興会、2005年3月)
  • 『額田王論―万葉論集―』(単著、若草書房、2001年5月)
  • 『上代の日本文学』(編著、放送大学教育振興会、2000年3月)
  • 『万葉集ハンドブック』(編著、三省堂、1999年10月)
  • 『古代文学表現史論』(単著、東京大学出版会、1998年12月)
  • 『日本霊異記 上、中、下』(ちくま学芸文庫)(単著、筑摩書房、1997年11、12月、1998年1月)
  • 『大伴家持 古代和歌表現の基層』(単著、至文堂、1994年3月)
  • 『万葉集の表現』(単著、明治書院、1991年7月)
  • 『古代国家の文学 日本霊異記とその周辺』(単著、三弥井書店、1988年1月)

《論文》

  • 「大三輪高市麻呂と伊勢行幸」(『大美和』第129号、大神神社、2015年7月)
  • 「人文学の活性化のために考えておくべきこと」(『文学部の逆襲』、塩村耕編、風媒社、2015年3月)
  • 「怨霊譚二題」(『二松』第29集、二松学舎大学大学院文学研究科、2015年3月)
  • 「歌謡の表現の特性―『古事記』の歌謡に及ぶ」(『文学』第13巻1号、岩波書店、2012年1月)
  • 「〈采女〉の背景」(『観世』第77巻10号、檜書店、2010年10月)
  • 「東国の女浮舟」(『むらさき』第45輯、紫式部学会、2008年12月)
主な活動
古代文学を、その表現の流れを中心に、全体的に捉えることを目標にしている。 現在の研究活動は、上記の「研究課題」に記したとおりだが、『万葉集』の語彙の研究は、万葉語誌研究会を組織して、共同研究を行っており、その成果は昨年『万葉語誌』(筑摩書房)として刊行された。柿本人麻呂の評伝の作成は、人物叢書(吉川弘文館)のためのものだが、『万葉集』以外には直接的な資料の存在しない人麻呂を、どのように歴史の中に定位していくかについて模索中である。もう一つの『古事記』の注釈的研究だが、これは評釈のスタイルで、従来の『古事記』の注釈書とはやや違った方向性を目指したいと考えている。数年後に刊行予定。なお、本年度から、放送大学(ラジオ)で「古事記と万葉集」と題する講義が開講された。『古事記』と『万葉集』とが、ともに古代宮廷史への志向をもっていたことなどを論じている。
所属学会
古代文学会、上代文学会、古事記学会、風土記研究会、日本文学協会、東京大学国語国文学会
その他
  • (人間文化研究機構)国際日本文化研究センター運営会議委員 ~平成28年3月
  • 放送大学客員教授
  • 一般財団法人杉並能楽堂理事
  • 上代文学会賞(第4回)受賞
担当科目名 国文学演習①A
国文学演習①B
日本文学講読①A
日本文学講読①B
ゼミナールⅠ
ゼミナールⅡ