学部・大学院

文学部 中国文学科 教授 : 小方 伴子 (おがた・ともこ) OGATA Tomoko

最終学歴 東京都立大学大学院人文科学研究科中国文学専攻博士課程単位取得満期退学
学位 博士(文学)(東京都立大学)
専門分野 中国語学(古典)
最近の研究課題
  1. (1)江戸時代に於ける『国語』の伝承、校勘、注釈に関する研究。
  2. (2)『国語』及び『国語』韋昭注の語法研究。
主な研究活動 主な業績
著書
  • 『国語』の版本と校勘学の研究(単著、平成20-22年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究報告書、2011年3月)
学術論文
  • 先秦両漢漢語における使役・受動構文の研究―動詞の使動用法、使令兼語文、受事主語文をめぐって―(単著、東京都立大学提出博士論文、2005年2月)
  • 宋明道二年刊本『国語』の黄丕烈重刻について(単著、『人文学報』No.403、2008年3月)
  • 「段玉栽『説文解字注』引『国語』考」(単著、『日本中国学会報』第六十三集、2011年10月)
  • 『校刊明道本韋氏解国語札記』「周語上」訳注(単著、『人文学報』No.478、2013年3月)
  • 秦鼎『国語定本』初探(単著、『二松』第二十八集、2014年3月)
  • 物語伝承と歴史書―晋文公の放浪譚と史書『国語』―(単著、『中国学入門 中国古典を学ぶための13章』勉誠出版、2015年4月)
  • 秦鼎『国語定本』に於ける清朝校勘学の成果の導入とその限界―顧千里『国語札記』の利用を中心に―(単著、『人文論叢』第95輯、2015年10月)
  • 関脩齢『国語略説』に於ける『国語』道春点改訓の試みとその講述表現(単著、日本漢文学研究 第12号(二松学舎大学日本漢文教育研究プログラム)、2017年3月)
その他
  • 漢文文法と訓読処理―編訳≪文言文法≫(共編、二松學舎大学21世紀COEプログラム「日本漢文学研究の世界的拠点の構築」研究報告書(翻訳)、2006年3月)
主な活動

古代中国の歴史書『国語』が、江戸時代の学者たちにどのように読まれたのか、彼らの残した注釈、校勘記、読書メモなどを資料として研究している。

所属学会

日本中国語学会、日本中国学会

その他

首都大学東京オープンユニバーシティ講座担当(「古代中国の歴史書『国語』を読む」、2010~2013年)

担当科目名 基礎ゼミナール
中国学入門A
中国学入門B
中国語学概論A
中国語学概論B
ゼミナールⅠ
ゼミナールⅡ