平成27年度分

平成27年度分

二松學舍教育研究振興資金の入金額と資金の使途について

本学では平成19年12月から「二松学舎教育研究振興資金」の募金活動を開始し、皆様のご協力により、平成27年度では55,829千円(下表(B)欄)のご寄付をいただきました。本学の教育研究活動、教育環境整備および学生支援に対し、多大なるご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

ご寄付の際に寄付金の用途をご指定いただきましたが、用途別の入金額は下表(B)欄のとおりです。

また、平成26年度にご寄付いただき同年度で使用せず平成27年度に繰り越した資金が107,195千円あります(下表(A)欄のとおりです)。

学内で検討の結果、平成26年度からの繰越金と合わせて、いただいた資金の使途を次のように決定いたしましたので、お知らせいたします。

これからもご協力のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

《 用途別入金額と資金の使途 》

(金額単位:千円)
  ご指定いただいた用途 平成26年度
からの繰越
(A)
平成27年度の寄付金
(B)
合 計
(A)+(B)
資金の使途
1 大学の教育環境整備 919 2,858 3,777 全額を平成28年度に繰り越します。
2 附属高校の
教育環境整備
355 3.690 4,045 全額を平成28年度に繰り越します。
3 附属高校の
教育環境整備(甲子園)
14,960 2,570 17,530 甲子園出場支援経費の一部として、17,530千円全額を使用します。
4 附属柏高校の
教育環境整備
2,895 805 3,700 全額を平成28年度に繰り越します。
5 附属柏中学校の
教育環境整備
2,690 315 3,005 甲子園全額を平成28年度に繰り越します。
6 学生・生徒の
奨学金の基金
195 1,035 1,230 215千円を学校法人二松学舎奨学基金に、1,000千円を武永尚子奨学基金にそれぞれ組み入れ、一体的に運用し、学生生徒へ奨学金を支給します。残額15千円は平成28年度に繰り越します。
7 被災学生・経済的困窮
学生への支援
7,502 5 7,507 6,005千円を被災学生及び経済的困窮学生支援の為の奨学金の一部として使用します。残額1,502千円は平成28年度に繰り越します。
8 用途を指定しない 78,264 44,637 122,901 大学九段校舎の改修工事資金の一部として10,000千円を使用します。また、10,788千円を二松学舎サービス奨学金として使用し、学生生徒へ奨学金を支給します。残額102,113千円は平成28年度に繰り越します。
郵便振替手数料等 △585 △86 △670  
合 計 107,195 55,829 163,024 平成27年度で使用する額計45,538千円
平成28年度へ繰り越す額計117,486千円

(注)金額は千円未満を四捨五入しているため、合計など数値が計算上一致しない場合があります。