事業の概要

事業の概要

法人

(1)長期ビジョン「 N’2030 Plan 」による改革
二松学舎創立140周年(平成29年10月)を機に策定した新長期ビジョンN’2030 Planにより、「いままでの140年、これからの140年」をテーマに、建学の精神に基づき「豊かな人間力を有し、自ら考え行動する人材、人々の長い歴史と英知を擁する古典から未来を学び、的確な国語力を備えた真の国際人の養成」を基本とし、複雑化する社会のニーズに応える教育体制の構築をめざす。
  1. ①国際政治経済学部の改編
     国際経営学科の開設と入学定員増
  2. ②設置校の2030年に向けたカリキュラム改革
  3. ③附属柏中学校の定員確保
  4. ④KPIダッシュボードによる長期ビジョン「N’2030Plan」の進捗管理
  5. ⑤大学ホームページ中国語サイトの開設
(2)キャンパス整備
  1. ①二松学舎大学
     ・九段キャンパス、柏キャンパスの整備拡充
     ・サテライト施設の検討、ICT環境の充実
  2. ②附属高等学校
     ・校舎リニューアルの検討
  3. ③附属柏中学校・高等学校
     ・既存施設設備の更新
     ・柏キャンパスの有効利用

大学(学部・大学院)

(1)教育の方向性と充実策
①国際政治経済学部新学科の設置
平成30年4月より、国際政治経済学部に「国際経営学科」を設置し、情報・外国語の優れた運用能力を基礎力として、課題を見極め解決する力、国際社会を生き抜く実践的な「創造的思考力」と社会の変化に対応して自らのキャリアを主体的に切り開く力を身に付けた人材を養成する。
②IR(インスティテューショナル・リサーチ)
大学の諸活動に関する情報収集・分析を行い、大学の教育改善と教育改革につなげることを目的に、IR推進室を中心にIR活動を推進する。
また、学習成果測定プログラム(PROGテスト)の実施とポートフォリオへの掲載により、学修成果の客観的測定とその改善、自らの特性・適性を踏まえた就職活動指導などに活用する。
③学生へのアンケートの実施
大学の自己点検・評価活動の一環として学生による授業アンケートを実施し、学生の意識を調査・分析することにより、個々の授業の改善や今後の教育改革に役立てる。また、大学の諸制度に関する学生の満足度調査を行い、問題意識と課題を共有し業務改善およびCS向上に資する。
④教育方法の改善、語学教育の強化
アクティブラーニングの推進や、PBL(課題解決型授業)の導入などにより、分かり易く、かつ魅力的なカリキュラムを提供し、課題解決力、コミュニケーション能力の向上を図る。また、文学部英語必修化に向けたトーイックブリッジの実施、少人数クラス編成による英語・中国語・韓国語など東アジア地域の外国語教育を強化する。
⑤学術研究支援等の充実
教員養成の充実を目的として、本学卒業の現職教員の中から客員研究員を委嘱し研究・研修助成を行う。また、研修・再教育の場を提供し、「教育研究大会」を開催するなど教育実践支援を行う。
東アジア学術総合研究所では、陽明学研究・日本漢文教育研究・海外教育の推進のほか、ワークショップの開催など共同研究プロジェクトおよび研究成果報告書の刊行を支援する。
⑥教員免許状更新講習の実施
教育職員免許法の改正に基づき、平成21年度より教員免許更新制が導入された。本学はこれまで多くの中学校、高等学校教員を輩出しており、本学卒業生教員をはじめ多くの教員を対象に、本年度も引き続き免許状更新講習を実施する。教員として必要な最新の知識技能の提供と各教科の指導法やその背景となる専門的内容、生徒指導などを主な内容としている。
(2)施設・設備の整備
①教育研究環境の整備
九段1号館地下2階トイレ改修、学生・教職員の身分証明書ICカード化及び各種システムの改修、九段・柏両キャンパス図書館入館ゲートの入替え、九段・柏キャンパス間TV会議システムの拡張、九段1号館各教室AV設備・ICT機器の入替え、九段2号館ラーニング・コモンズ貸出用PCの増設、九段2号館4階(体育館)の畳の交換、九段図書館学習支援用PCの入替え、九段教員研究室パソコンリプレース、アキバラボ学生用PC・プリンターの設置、柏2号館トイレ改修工事、柏2号館チラー冷温水ポンプ他ポンプユニット交換、柏2号館教室黒板貼り替え工事、柏5号館空調設備更新工事、などを実施する。
②大学資料展示室の充実
二松学舎関係者の軸・書簡や近現代作家の初版本・草稿類など文学界にとって貴重な資料の収集と補修を行い、大学資料展示室のさらなる充実を図る。収集した資料の常設展示、テーマを設けた企画展示や講演会を行う。
③図書館所蔵貴重資料の電子化と公開
図書館では所蔵している貴重資料の電子化を進めており、これまでに電子化した和本や漢籍について公開し教育・研究活動に資する。
(3)学生支援の強化
①学生ポータルサービス・ポートフォリオシステム
学内はもちろん、学外からでも授業や学生生活に関する情報にアクセスが可能な学生ポータルサイトを設置している。また、学生が自らの目標の達成度を確認しながら、意欲的に学習に取り組むことができるようポートフォリオシステムを導入している。当年度は、新たに保護者が学生の成績や出席状況などを確認できる保護者向けポータルサイトを設置する。
②奨学金制度
学生生徒の就学意欲の維持向上、退学者の減少や学生生徒募集のためにも奨学金制度の拡充が重要であり、「授業料減免制度」や「貸与奨学金制度」等により学生を支援する。平成19年度から教育研究振興資金の募集体制により、毎年度奨学基金を増額している。本学100%出資の事業会社である「二松学舎サービス株式会社」からの寄付金を原資とした「二松学舎サービス株式会社奨学金」や交換留学生を対象とした「武永尚子奨学金」や給付型奨学金付入試など、奨学金制度の充実を図っている。
③キャリア教育の充実
2030年度の社会構造や就職環境を見据え、多様な分野で活躍できるようキャリア教育を充実させる。資格教育の充実、業界セミナー、大学と外部機関との連携体制の確立や企業との連携による職業適正検査などの実施のほか、インターンシップによる職業体験や対人基礎力の向上など、出口教育の充実・強化を図る。
④進路・就職支援
正課授業におけるキャリア教育のほか、キャリアセンターにおいて、公務員試験およびSPI対策講座、就職サポートプログラムによる講座の実施、各種業界セミナーや企業説明会のほかグループディスカッションなど実践的な講座の実施により就職力の強化を図る。また、企業訪問や企業開拓・就職採用情報の収集を効果的に実施し、学生指導・就職情報の一元化による就職管理システムや常駐キャリアカウンセラーによる就職相談など学生の就職活動を支援する。
教職関連では、模擬授業の練習、論作文添削、模擬面接などの個別指導により、実績のある国語科、書道科のみならず地歴・公民等の教員養成の充実・強化を図る。現職教員による特別講演会や各自治体教育委員会採用担当者による説明会を実施するほか、3年生対象の教職実務研修、教職対策講座の実施や教育実習・教員採用試験合格体験談集の発行など教職支援センターを中心に教員志望学生を支援する。
⑤グローバル化の推進
世界で広く活躍できる人材を育成するため、東アジアやその他地域の大学と提携し、留学生の派遣と受け入れ、相互交流のための環境整備と留学支援を強化する。
文学研究科におけるダブルディグリープログラムの導入、海外語学研修(中国、韓国、オーストラリア、アイルランドなど)の実施、海外協定校との相互留学支援や本学学生の留学機会を増やすため協定校の拡充を図る。また、中国・浙江省所在協定大学から約40名の特別プログラム受講生を受け入れ、その授業展開については柏キャンパスを主とし、アキバラボ(秋葉原)でも行う予定である。本学は「JCSOS海外留学安全対策協議会」に加盟しており、危機管理体制の万全を期す。
⑥学生相談室の支援
大学における学生のメンタルケアは不可欠であり、専門のカウンセラー4名と専任教員2名を配置して対応している。学生相談室では、学生が抱えるさまざまな問題に対応するために相談員の増員やアンケートの実施など、メンタルヘルスの観点から課題解決の効果的なサポートを行う。
⑦学生サポートの充実
「授業内容が聞き取れない・書き取れない」「板書や配布資料が読めない」など、障害学生がより良い環境で授業を受けることができるよう、授業を筆記するノートテイカー養成講習や障害学生支援講演会を実施し、スタッフの育成と障害学生等多様な学生に対する修学支援の充実を図る。
(4)社会貢献
①生涯教育への取り組み
柏キャンパスに「地域連携室」を設置し、柏キャンパスにおける生涯学習講座について質的・量的に充実を図っている。平成30年度は、国文学・中国文学・書道・国際政治経済学関係の公開講座を開講する予定である。
②地域と連携した教育研究事業
本学が所在する東京都千代田区や千葉県柏市との包括連携協定を締結し、その協定事業を行っている。柏市においては、柏キャンパス施設の柏市民への開放など利用方法の多様化を推進しているほか、大学図書館では特色ある本学図書館所蔵資料の公開や企画展、講演会の開催などを予定している。
また、学祖三島中洲生誕の地である岡山県倉敷市との連携協定により、学芸・文化観光等の充実、人材育成や地域振興などの連携協力を推進する。
③シンポジウム等の開催
平成17年度より「シンポジウム『論語』」を開催し、さまざまな角度から『論語』へのアプローチを行っている。平成21年度から参加者の対象を広げ、「『論語』の学校 - RONGO ACADEMIA - 」として『論語』と古典教養の普及を目指しており、本年度は14回目の開催となる。また、文学部、国際政治経済学部、東アジア学術総合研究所において、シンポジウムや公開講座などを開催する予定である。
(5) 学生募集対策
少子化が進む中で、アドミッションポリシーの確立、給付型奨学金付入試のほか、学生募集広報戦略検討会議により入試広報の見直しと強化を図り、文学部・国際政治経済学部とも多方面から入学者選抜(入試種別・科目・日程・WEB出願等)を行う。また、オープンキャンパスの充実、模擬授業や見学会等の早期アプローチ、OB教員および高校教員との情報交換、大学情報誌『VISION』やWEBでの情報発信、交通広告の実施、関東5都県の学生募集特別委員による広報活動と併せ、特に関東地区の高校生に向けた広報展開など学生募集対策の充実を図る。今後、大学入試センター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」の実施内容の詳細や、高大接続改革の動向なども勘案しながら、本学により相応しい入試が行えるよう検討する。
(6) 広報活動
  1. ① ホームページのリニューアルに続き、中国語特設サイトの開設や受験生特設サイトを更に充実させる。学部学科ごとに専用のページを充実させ、WEBでの動画配信、SNSの活用などによる様々な情報の発信と学内外への掲示伝達機能を高め、対外広報の強化を図る。
  2. ②本学独自のブランドイメージの確立と向上のため、「漱石アンドロイド」プロジェクトをはじめ、各種メディア対策、ジャーナリスト対策を実施する。学生募集広報と法人広報の連携強化により、広告媒体の効果測定や見直しにより効果的・効率的な活動を行う。各種媒体を用いた直接的な広報活動のみならず、各種シンポジウムや講演会の実施など総合的な広報活動を展開していく。
(7) 卒業生情報の把握
松苓会(同窓会)、父母会と連携協力し、卒業生情報の管理の徹底を図る。異業種交流会(卒業生名刺交換会)などのイベントを開催し、卒業生ネットワークを強化するとともに就職支援や学生募集に繋げる。

附属高等学校

(1) 教育の方向性
「心を育て 学力を伸ばす」というコンセプトの下、人格教育と社会で十分役立てるような学力養成を目指して教育活動を行う。
  1. ①建学の精神を全ての教育の基礎として、二松学舎への愛校心を育てる。
  2. ②『論語』、東洋固有の道徳に基づいた人格の陶冶、豊かな人間性を備え社会に貢献できる青少年の育成。
  3. ③学力の三要素を涵養するカリキュラムの構築とアクティブラーニングを通じた教育体制の充実による学力および進学実績の向上。
(2) 教育の充実
外部講師よる補助講習「学び舎(まなびや)」を開講し、1年生は中学教育補完講習、2年生は2学期から実力伸長講習、3年生は通年で受験対策講習を実施する。平常授業期間の7時間目、8時間目に実施する補習授業、期末考査後から終業式までに実施する特別授業のほか、夏期・冬期には講習会・勉強合宿・英語合宿など特別講座を開講し、生徒の学力および進学実績の向上を図る。また、新テスト導入に向け思考力・判断力・表現力をつけさせる授業内容に改善し、英語4技能を測定する実力テストを全校で導入する。さらに、両附属高校共通の初任者研修の実施、校内研究授業の実施、外部研修会への積極的参加など教員研修の充実を図る。
(3) 国際化への対応
英語の授業において、ネイティブスピーカーのALT(Assistant Language Teacher=外国語指導助手=小中高の英語授業で日本人教師を補助する)を配置し、ネイティブの英語に触れる時間を設けている。また、海外研修として、ニュージーランドでのホームステイや附属柏中学校・高等学校と合同で台湾、オーストラリアでの語学研修など、語学教育を強化しレベルアップを図る。
(4) チューター(補助講師)制度の実施
チューター(補助講師)制度を継続して実施する。チューターとは、学習助言など個人的な指導を行う講師で、週3日配置して生徒の学業相談等に応じている。大学生など年齢の近い学生に接することにより、学校の先生にはなかなか質問しづらいことや生徒が自習する中でよく分からない箇所の質問に応えてもらったり、受験勉強に関する相談にのってもらったりできる制度で、生徒の学習意欲向上を図る。
(5) スクールカウンセラーの配置
生徒のメンタルケアや保護者の教育相談に手厚く対応するため、スクールカウンセラーを校内に配置し、専門的立場から学園生活のサポートなどを教職員と連携して行う。
(6) 生徒支援
生徒の入学から卒業までの様々な状況に対応できるよう父母の会や同窓会等との連携を強化する。生徒用タブレットPCの導入により、授業中や家庭学習での効果的な活用を図る。また、有識者及び近隣地域住民より附属高等学校に対する意見を聴取し、「学校評価」及び同校の経営・運営に資する。
(7) 施設・設備の整備
パソコン教室コンピュータシステムの更新、調理室の改修整備、特別教室(アクティブ・ラーニング)の設置、理科実験機器類の購入、教員用印刷機の新規導入などを実施する。
(8) 広報・生徒募集対策
Web出願システムの導入、入学時特待生制度の実施など生徒募集対策およびホームページを始め広報活動を充実させる。校長によるブログ「学舎の窓」をほぼ毎日発信し、受験生への情報提供を強化するほか、進学相談会、学校見学会、中学生及びその保護者対象の公開授業、入試説明会の実施回数の増加、中学・塾等訪問スタッフの配置など緻密な生徒募集を行い、志願者の増加および定着化を図る。
(9) 創立70周年記念事業
附属高等学校創立70周年を迎え、記念式典、講演会ほか各種周年事業を実施する。

附属柏中学校・高等学校

(1) 教育の方向性
校訓である「仁愛・正義・誠実」と共に「自問自答」をキーワードとし、『論語』による人間形成を促し、未来を切り拓く「学力」を身に付けた人材を輩出する。
  1. ①建学の精神を全ての教育の基礎として、二松学舎への愛校心を育てる。
  2. ② 『論語』、東洋固有の道徳に基づいた人格の陶冶、豊かな人間性を備え社会に貢献できる青少年の育成。
  3. ③学力の三要素を涵養するカリキュラムの構築とアクティブラーニングを通じた教育体制の充実による学力および進学実績の向上。
(2)教育の充実
中学校では、グローバルコース設置し、ネイティブの英語授業、国語、韓国語の選択講座を設定し、さらに内外の多様な語学研修への参加機会を提供する。高校では従来の進学コースと特選コースに加えて、スーパー特選コースとして難関大学を目指すクラスを設置するなど目標・意欲の高い生徒を入学させ、生徒の学習に向かう態度と自己統率力の育成を行うなど、それぞれ特色ある教育の実践・充実を図っている。また、中学校では「森の教室」「都市の教室」「雪の教室」など、さまざまな行事の実体験を通した教育を行っており、高校ではオリエンテーション合宿や芸術鑑賞会、2年次の海外研修体験を引き続き行っていく。新学習指導要領に対応すべく高校のカリキュラム改訂を行い、平成30年度入学者から新カリキュラムでの授業を実施する。
(3)国際化への対応
台湾の桃園市私立新興高級中学(高校)やオーストラリアのクリーブランドハイスクールと相互交流をより深めるため交流協定を締結し、相互の短期留学やホームステイを計画している。さらにグアム、カナダ、韓国、シンガポールなどでの語学研修を中・高の学年やコースまたは希望者を対象に行う計画である。
(4)スクールカウンセラーの配置
生徒のメンタルケアや保護者の教育相談に手厚く対応するため、スクールカウンセラーを校内に配置し、専門的立場から学園生活のサポートなどを教職員と連携して行う。
(5)キャリアプログラムの導入
中学生、高校生に対し、社会における職業的・社会的自立をするための考え方や能力開発教育を実施する。早い段階からの自己理解、社会人とのディスカッションなどを通して将来の職業観を育成する。
(6)施設・設備の整備
北校舎空調設備更新工事、高校理科室の実験器具の整備、中学校のICT環境整備、校務用サーバの更新、特別教室プロジェクターの設置、屋内消火栓ポンプユニットの交換などを実施する。
(7)広報・生徒募集対策
近隣の小・中学校や塾との関係強化、訪問スタッフの配置、情報交換会など情報収集と各種メディアを使用した積極的な広報活動を行う。また、ネイティブスピーカーによる小学生対象の英語教室の実施や大学教員による地元の小学校高学年を対象にした特別講座の実施など、附属柏中学校の入学者獲得について法人全体で取り組む。
大学入試センター試験廃止を始めとした大学入試改革や学習指導要領の改訂を見据えた新しいカリキュラムの実施など、進学実績の向上にさらに工夫を重ねていく。
(8)生徒支援
生徒による授業アンケート、卒業生と保護者の満足度調査を実施し、それに基づく教育の改善を図る。また、「アクティブラーニング推進委員会」を設置し各教科で授業実践を始めているほか、タブレットPCで情報を共有し、面談、学力不振者への補習、不適応者へのカウンセリングなどきめ細かな対応を行う。多様な大学入試形態に対応するため、生徒の個性や適性を生かす進路指導も実施しており、今後は、生徒カルテなどを定着させ、担任と進路担当、教科担当との連携を綿密にしてよりきめ細かい指導を行う。