学部・大学院

文学部 国文学科 教授 : 塩田 今日子 (しおだ・きょうこ) SHIODA Kyoko

最終学歴 ソウル大学校人文大学院国語国文学科博士課程単位取得満期退学
学位 文学修士(東京外国語大学)
専門分野 韓国語学、言語学
最近の研究課題 言語は人間が理解し合うための道具である。真の相互理解には何が必要かを明らかにし、それを実践していくことが今の課題である。
主な研究活動 主な業績
著書
  • 『ゼロから話せる韓国語』(改訂版)(単著、三修社、2015年)
  • 『場面で学ぶ韓国語』(共著、朝日出版社、2012年)
  • 『こうすれば話せるCDハングル』(単著、朝日出版社、1998年)
  • 『韓国語講座テキスト』(単著、総通、1991年)
  • 『コスモス朝和辞典』(共著、白水社、1988年)
  • 『朝鮮語を学ぼう』(共著、三修社、1987年)
訳書
  • 『悟りの招待席』(素空慈著、地湧社、1991年)
  • 『悟りの門』(素空慈著、地湧社、1990年)
  • 『悟りの瞬間』(素空慈著、地湧社、1989年)
論文
  • 『訓民正音における人間存在肯定の思想について』(二松學舎大学論集、第56号、2013年)
  • 『言語から見た自己認識と自己変革の方法について』(二松學舎創立130周年記念論文集、2008年)
  • 『異言語間の意思疎通の可能性について』(二松學舎大学論集、第48号、2005年)
  • 『中期朝鮮語の接続語尾-거늘と-아/어늘について』(朝鮮学報第114号、朝鮮学会、 1985年)
  • 『ハングル母音字母の構成原理について』(言語文化研究第3号、東京外国語大学大学院外国語学研究科、 1985年)
主な活動
  • 言語の全体像を感覚的に把握するためのドラマの映像を使った教材作り
  • NHKラジオ まいにちハングル講座入門編担当(2011年10月~2012年3月、2013年1月~3月)
  • 大学入試センター委員(2014年4月~2016年3月)
所属学会

朝鮮学会、朝鮮語研究会

その他

ホームページ:http://www.hontounoaite.net/

担当科目名
  • ゼミナールⅠ
  • ゼミナールⅡ
  • 韓国語①
  • 韓国語③
  • 韓国語学概論A
  • 韓国語学概論B
  • 基礎ゼミナール(国文)