• 2019年度一般入試における出題ミスについて(お詫び)

2019年度一般入試における出題ミスについて(お詫び)

2019年度一般入学試験のうち、文学部A方式入学試験(2月2日に実施 選択科目「世界史」)、国際政治経済学部B方式入学試験(2月3日に実施 選択科目「政治経済」において、出題ミスがあったことが判明いたしました。

出題ミスの内容につきましては、こちらをご覧下さい
受験生の皆様には、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

2019年2月12日
二松学舎大学

この件に関する問い合わせ先

二松学舎大学 入試課

  • TEL   03-3261-7423(平日 9:00~16:30 土曜日 9:00~13:00)

出題ミスの内容

1.文学部一般A方式 世界史

該当箇所
[三]問3の選択肢(P.23)

ミス内容
ロシアが1853年にオスマン帝国と開戦した戦争について、正しいものを選択する問題。正答は選択肢「③クリミア戦争」としていましたが、選択肢「①ロシア=トルコ戦争」も広義では誤りでないため、正答が2つ存在しました。

採点について
選択肢①③2つとも正解として採点しました。

2.国際政治経済学部一般B方式 政治経済

該当箇所
〔3〕問6の設問(P.L51)

ミス内容
「日本の社会保障の制度」について問う設問で、誤って「理念」を問う設問にしてしまったため、想定した解答以外も導き出せる内容となっていました。

(誤)・・・日本の社会保障制度の4つの基本理念は何か・・・

(正)・・・日本の社会保障において4つの柱をなす制度は何か・・・

採点について
当該問題については、問題不成立のため全員を正解として採点しました。




※今後、このようなことのないよう、チェック体制を強化し、再発防止に努める所存です。