学部・大学院

文学部 国文学科 教授 : 渡邊 了好 (わたなべ・あきよし) WATANABE Akiyoshi

最終学歴 韓国 延世大学校文科大学院韓国語学専攻碩士課程修了
学位 文学修士(成蹊大学)、文学硯士(延世大学)
専門分野 日韓対照言語学、日本語教育、比較文明論、韓国論、日本文明論
最近の研究課題 「大陸と日本列島の間の半島」を中心に成立する国家の本質を歴史的に把握しようとしている。同時に韓国の行方を注視している。
主な研究活動 主な業績
学術論文
  • 日本語動詞の「アスペクト」の研究1(単著、仁荷大学人文科学研究所論文集11(韓国 仁荷大学校)、1985年5月)
  • 相互理解のための留学生の作文授業について―第一言語別クラスによる授業の必要性―(単著、成蹊国文28号(成蹊大学)、1995年3月)
  • 「台湾公学校国語教授要旨」について(単著、二松学舎大学論集第42号、1999年3月)
  • 平成12年における日本の言語政策(単著、二松学舎大学論集第44号、2001年3月)
  • 日本にある日本語学校の外国人在学生に関する実態調査(単著、二松学舎大学東洋学研究所集刊第32号、2002年3月)
  • 日本語教育と国語教育の領域について(単著、二松学舎大学論集57、2014年4月)
主な活動

言語教育に関するもの。「相互理解のための留学生の作文授業について」「台湾における直接教授法について」半島を中心に成立する国家に関する考察。

所属学会

日本語教育学会、日本語学会、韓国日本学会、軍事史学会

担当科目名 基礎ゼミナール
日本語教育史
日本語学講義②A(日本語意味論)
日本語学講義②B(日本語意味論)
対照言語学研究③(日本語と韓国語)
基礎韓国語演習①A
基礎韓国語演習①B
ゼミナールⅠ
ゼミナールⅡ