学部・大学院

文学部 都市文化デザイン学科 専任講師 : 谷島 貫太 (たにしま・かんた) TANISHIMA Kanta

最終学歴 東京大学大学院学際情報学府文化・人間情報学コース博士課程単位取得満期退学
学位 修士(学際情報学)
専門分野 技術哲学、メディア論
最近の研究課題 ベルナール・スティグレールの技術哲学、哲学的概念としてのアテンション、近年のテレビにおけるネットメディアとの連携
主な研究活動 主な業績

理論で読むメディア文化― 「今」を理解するためのリテラシー
(共著、『新曜社』、2016年5月)

メディアをつくって社会をデザインする仕事―プロジェクトの種を求めて
(共著、『ナカニシヤ出版』、2017年5月)

学術論文
  • 「知の共有へ向けて――<認知テクノロジー>としての<知のコンシェルジェ>」(共著、日立システムアンドサービス、2009年)
  • 「批評プラットフォーム<クリティカル・プラトー>」(共著、『東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究』第79号、2010年)
  • ベルナール・スティグレールにおける「正定立」の概念をめぐって : フッサールを技術論的に捉え返す試み(単著:『情報学研究84号』、2013年3月)
  • デジタルアーカイブ時代の大学における「読書」の可能性―東京大学新図書館計画における三つの実証実験の紹介(共著、「情報の科学と技術」2016年10月号、2016年)
  • アジア・環太平洋地域のナショナルデジタルアーカイブ政策―文化資源の統合と連携の諸相―(共著、『東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究』第92号、2017年)
所属学会

表象文化論学会、日本記号学会、日本現象学会

担当科目名
  • ゼミナールⅠ
  • ゼミナールⅡ
  • 映像表現文化論
  • 現代日本文化概論A
  • 現代日本文化概論B
  • 図書館情報資源概論
  • 図書館情報資源特論
  • 表象メディア史A
  • 表象メディア史B