学部・大学院

文学部 中国文学科 教授 : 高山 節也 (たかやま・せつや) TAKAYAMA Setsuya

最終学歴 東京大学大学院人文科学研究科中国哲学専攻博士課程単位取得満期退学
学位 文学修士(東京大学)
専門分野 漢籍書誌学
最近の研究課題
  • (1)中国印譜の書誌学的研究
  • (2)我が国における漢籍の収集(整理と研究)
主な研究活動

主な業績

《編著書》

  • 『松丸東魚蒐集印譜解題』(単著、二玄社、2009年)
  • 『中国古代の文字と文化』(共著、汲古書院、1999年 「印譜の分類と明代古銅印譜」執筆)
  • 『東京大学総合図書館漢籍目録』(共編、東京大学総合図書館、1995年)
  • 『佐賀大学附属図書館漢籍目録』(単著、佐賀大学附属図書館、1987年)
  • 『西周青銅器とその国家』(共著、東京大学出版会 1980年 「西周国家における天命の機能」執筆)

《論文》

  • 「肥前鍋島藩における漢籍の受容-本藩『芸暉閣經籍志』について-」(『日本漢文学研究』9号 東アジア学術総合研究所 日本漢文教育研究推進室 2014年3月)
  • 「江戸時代の漢籍目録」(『日本漢文学研究』5号 二松學舍大學COEプログラム 2010年3月)
  • 「和刻本漢籍鼇頭本について」(『日本漢文学研究』3号 二松學舍大學COEプログラム 2008年3月)
  • 「『蘇氏印畧』の版本について」(東アジア出版文化『にわたずみ』 2004年3月)
  • 「佐賀鍋島諸文庫漢籍明版について」(『汲古』13号 汲古書院 1988年6月)
  • 「佐賀鍋島文庫藏漢籍元版について」(『汲古』9号 汲古書院 1986年6月)
主な活動
  • 漢籍目録編纂における準漢籍の扱いについて
  • 日本各地の収蔵漢籍調査と整理
  • 我が国における漢籍の受容(佐賀鍋島藩を中心に)
  • 日本現存中国印譜の調査と整理-解題作成等。
  • 所属学会
  • 日本中国学会・東方学会・九州中国学会等
その他
  • 九州大学附属図書館・日本近世文学会・台湾大學文学院シンポジウム・私立大学図書館協会・ベトナム-ハンノム研究所等で公開講演
  • 『おじいさんとぼくのミツバチ』 ポプラ社 2001年3月 山田養蜂場主催第二回ミツバチの童話・絵本コンクール最優秀童話賞受賞
担当科目名 基礎ゼミナール
中国文学演習(基礎訓読法)A
中国文学演習(基礎訓読法)B
中国思想講読③
中国思想講読④
中国史学講読③
中国史学講読④
ゼミナールⅡ