学部・大学院

文学部 国文学科 専任講師 : 足立 元

最終学歴 東京芸術大学大学院美術研究科博士課程美術専攻芸術学研究領域(日本・東洋美術史)修了
学位 博士(美術)
専門分野 日本近現代美術史、視覚社会史
最近の研究課題
  • ・社会派アートの歴史
  • ・検閲の歴史
主な研究活動 主な業績
著書
  • 『東洋意識 夢想と現実のあいだ―1887-1953―』(共著、ミネルヴァ書房、2012年4月)
  • 『モガ・オン・パレード 小野佐世男とその時代』(共著、岩波書店、2012年10月)
  • 『南方軍政関係資料43 小野佐世男ジヤワ從軍画譜』(共著、龍渓書舎、2012年11月)
  • 『美術の日本近現代史 制度・言説・造型』(共著、東京美術、2014年1月)
  • 『美術出版ライブラリー歴史編日本美術史』(共著、美術出版社、2014年4月)
  • 『日本美術全集 18巻 戦争と美術』(共著、小学館、2015年4月)
学術論文
  • 「藤田嗣治の漫画―1938年の『バクショー』と『親隣画集』をめぐって―」(単著、『近代画説』第17号(明治美術学会)、2008年12月)
  • 「小野佐世男―逆説の漫画家・空談家―」(単著、『昭和期美術展覧会の研究 戦前篇』(中央公論美術出版)、2009年4月)
  • 「解説 螺旋のアヴァンギャルド―『美術』受容史の受容史」(単著、『眼の神殿 美術受容史ノート 定本』(ブリュッケ)、2010年2月)
  • 「漫画からみるプロレタリア文化運動」(単著、『立命館言語文化研究』22巻3号(立命館大学)、2011年1月)
  • “Avant-garde Debates Over Japanese Tradition in the 1950’s with a Focus on the Role of Isamu Noguchi.”(単著、Artistic Vagabondage and New Utopian Projects. Kyoto, Japan. International Research Center for Japanese Studies.(国際日本文化研究センター)、2011年3月)
  • 「鎖を引きちぎろうとする男 『近代思想』の挿絵について」(単著、『初期社会主義研究』24号(初期社会主義研究会)、2012年10月)
主な活動

日本とアジア諸国の近現代における、美術、漫画、写真などの視覚造形をつうじた社会史の研究。

所属学会

明治美術学会

その他

個人サイト:http://www.adachigen.com/

担当科目名
  • ゼミナールⅠ
  • 現代日本研究A(日本事情)
  • 現代日本研究B(日本事情)
  • 日本文化演習②A
  • 日本文化演習②B
  • 日本文化研究②A
  • 日本文化研究②B
  • 日本文化講義①A
  • 日本文化講義①B
  • 日本文化特殊研究③A
  • 日本文化特殊研究③B