東アジア学術総合研究所について

沿革

2004年4月 東アジア学術総合研究所 設置
東アジア学術総合研究所は、1968年に設置された東洋学研究所、1978年に設置された陽明学研究所、2002年に設置された国際漢字文献資料センターの三つの組織を統合した研究機関です。
2研究所・1センターの事業を継承しつつ、日本を含む東アジアの領域について、総合的な研究を推進し、学術の発展に寄与することを目的として設置され、本学の教員が進める研究の支援のみならず、学外の研究者との研究交流も積極的に行っています。
2008年4月 陽明学研究室 設置
当研究所が独自の伝統として誇る陽明学研究について、1978年に創設された陽明学研究所の事業を引き継ぐ組織として、陽明学研究室を設置。
東アジア地域を中心として展開する陽明学、及びそれに関わる思想・文化の研究を推進しています。
2012年4月 日本漢文教育研究推進室 設置
2004年に採択された21世紀COEプログラム「日本漢文学研究の世界的拠点の構築」、及びその後継事業である日本漢文教育研究プログラム「日本漢文資料による日本像構築の国際的研究」を引き継ぐ組織として、日本漢文教育研究推進室を設置。
研究ネットワークの構築、漢文教育の研究と振興、漢文資料の利用環境整備、研究者養成などの事業を推進しています。
2013年4月 海外講座企画・推進室 設置
日本漢文教育研究推進室の海外講座事業の更なる拡充を目的として、海外講座企画・推進室を設置。
東アジア地域のみならず、広く全世界を対象として日本漢文教育の普及を推進しています。
  • 陽明学研究室
  • 日本漢文教育研究推進室
  • 海外講座企画・推進室

事業

東アジア学術総合研究所の事業
  • 共同研究事業の企画と運営
  • 個人研究および重点研究の助成
  • 研究会、講演会等の開催
  • 研究紀要『東アジア学術総合研究所集刊』、二松学舎大学学術叢書、研究報告書等の発行
  • 東アジア関連図書や資料の蒐集 等

組織

所長

牧角  悦子 文学部教授

特命教授

山邊   進 海外講座企画・推進室長

加藤  国安

野村  芳正

兼担所員(2017年度)

田中  正樹 陽明学研究室長・文学部教授

町  泉寿郎 日本漢文教育研究推進室長・文学部教授

小山  聡子 文学部教授

研究員

長谷川良純

助手(非常勤)

遠藤  寛朗

真島奈穂子

事務職員