• 学びを知る

学びを知る

受け継がれる東洋文化と、変わり続ける国際社会のダイナミズム

文学部は3学科13専攻、国際政治経済学部は3専攻。
少人数で自由度の高い学びが特色です。

二松學舍大学は文学部(国文学科・中国文学科・都市文化デザイン学科)と国際政治経済学部
(国際政治経済学科)の2学部を擁し、各学科には研究分野ごとに専攻を設けています。
※2018年4月「国際経営学科」開設。
また、専攻での学びをベースに、応用力を育むプログラムや技能を身につけるためのコースを
設定しています。

学びの体系

文学部

3学科あわせて文学領域を網羅する13の専攻を擁し、各学科としては国内最大級の規模を誇ります。

国文学科

中国文学科

国文学科・中国文学科共通

国際政治経済学部

すべての年次で少人数制のゼミナールを展開。ビジネスシーンで活用できる英語力にも注力しています。

国際政治経済学科

コース(両学部共通)

知識や技能を高めるために、2学部全学科の中から履修モデルとして設定された「コース」という科目群があります。
学びを知る・専攻の枠を越えて、自由に選択履修することができます。

  • 書道コース
    千数百年にわたる書の歴史を理解し、実作を通して表現技能を高め、人間的な向上を図ります。
    書の技能に関する科目と、理論・鑑賞に関する科目とで構成されています。なお、教職課程科目をあわせて履修することで、高等学校「書道」教員免許状を取得することができます。
  • 中国語コース
    「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を偏りなく学び、中国文化への理解を深めることで、幅広く総合的な語学力を身につけます。
    また、教職課程科目もあわせて履修することで、中学校・高等学校「中国語」の教員免許状を取得することができます。
  • 韓国語コース
    基礎的な語学力を身につける科目と、韓国の文化、文学について幅広く学ぶことのできる科目が配置されています。
  • 情報・メディアコース
    コンピュータの操作を中心とした科目と、情報の創造・発信能力養成の科目を体系的に履修することにより、コンピュータやメディアに対する知識と自己表現力をバランス良く身につけることができます。
  • 日本語教員養成コース
    日本語学校や海外展開する企業等で必要とされる日本語教員。
    日本語教員養成コースでは、日本語教育に求められる基礎的な能力と知識の修得を目指します。修了者には「日本語教員養成課程修了証」が付与されます。
  • 司書教諭コース
    司書教諭とは、学校図書館の専門的職務に従事する教育職員です。
    その資格取得を目標に、学習指導と学校図書館・情報メディアの活用等を学びます。教職課程との併修が必要です。
  • 東アジアの文化と社会プログラム
    「歴史・文化」「政治・外交・経済・社会等の現状とその理解」「東アジアに関する情報収集の力となる言語の習得」の3分野の科目からなるプログラムです。
    東アジアを知り総合的に理解することは、東アジア地域の一員である日本人にとって必須の事項です。

国際交流

これからのグローバル社会で活躍できる人材の育成を目指して、語学や異文化を学ぶ留学制度をはじめ、様々な国際交流活動を展開しています。