二松學舎大学 受験生サイト

国際交流

二松學舍大学が力を入れている国際交流への取り組みは、主に「海外協定校との交換留学」「短期海外語学研修の実施」「外国人留学生の支援」「留学希望者の支援」の4つです。

特に中国最高峰の総合大学である北京大学には1996(平成8)年から毎年、短期海外語学研修として学生を派遣しており、中国語だけでなく中国の歴史に関する講義も受講する等、国際情勢に左右されない信頼関係のもと、他大学では経験できない充実した研修を行っています。

短期の語学研修以外にも、海外協定校と連携し、1年間の派遣留学を実施しています。現地での履修科目を単位認定するとともに、奨学金を毎月支給しています。このような手厚いサポートをするのは、留学を単なる語学学習ではなく、学生が異文化を学び、真の国際人へと成長する場ととらえているためです。

九段キャンパス1号館の国際交流センターでは、協定校以外への留学やインターンシップ等に関する相談にも対応しています。学生の意見を取り入れながら、本学に通う留学生との交流会をはじめ、多くのイベントを企画。世界を舞台に活躍する真の国際人の育成を目指して、時代に即した国際交流のかたちを実現しています。

海外協定校

3つの強み

1休学することなく1年間の留学ができる

派遣留学において、留学先で修得した単位は二松學舍大学の卒業単位として認定されるとともに、留学期間が修業年限に算入されるため、休学をせずに4年間で卒業することが可能です。

2派遣留学生には奨学金を毎月支給

派遣留学中、留学先で居住費を自己負担する学生には月額4万円、居住費の負担のない学生には月額3万円の奨学金を支給。日本学生支援機構が貸与する奨学金も利用できます。

3短期海外語学研修で語学力を磨くことができる

長期休業期間に実施される中国・英国・アイルランドへの短期海外語学研修では、現地の人との中国語・英語によるコミュニケーションを重視。生きた言葉に触れ、語学力アップを目指します。

留学プログラムについて

二松學舍大学が実施している、留学先や期間の異なる2種類の留学プログラム。異国の地での貴重な経験がもたらす恩恵は、二松學舍大学での学修を深められることだけではありません。日本とは異なる文化や風土、価値観に触れることで視野が広がり、人生の可能性を大きく高めてくれるはずです。

区分 留学先・研修先 期間
派遣留学 北京大学(中国) 約1年間
成均館大学校(韓国)
中国文化大学(台湾)
周口師範学院(中国)
浙江工商大学(中国)〈大学院〉
エトヴェシュ・ロラーンド大学(ハンガリー)〈大学院〉
カ・フォスカリ大学(イタリア)〈大学院〉
リール第三大学(フランス)〈大学院〉
語学研修 北京大学 中国語・歴史文化研修(中国) 約3週間
NEW ケンブリッジ大学(英国)
NEW ダブリンシティ大学(アイルランド)